*

書きたいことをただ書くだけでは「子供」でしょう、「大人」の現実は厳しいのだ。

公開日: : 日記

このブログでは、コンテンツメーカーやネット自営業についての話題を多くしています。インターネットで生計を立てるという場合、特にサイト作りを中心にしたお仕事の場合(これはほとんどサイトアフィリエイトなのですが、自分のことはアフィリエイターと呼びたくないのでコンテンツメーカーと言っていますが、やっていることはほぼ同じです)

アフィリエイターは特殊なネット自営業

日イヅル國ノ日イヅル國ノ / Yosuke Watanabe

自営業とサラリーマンは違いますが、その中でも、専業のアフィリエイトはほかのフリーランスとも違います。つまり、誰に頼まれたわけでもなく、自分でどんなサイトを作るのかを決めて、自分で目標や納期を定めてやって行かなければならないのが、この仕事の大きな特徴です。ということはやりたくなきゃ、怠けることさえできるということ、仕事休もうと思えば休むこともできるということです。

もちろん稼ぎはなくなりますが。

そういう意味では、この仕事(サイトアフィリエイト)を生計の手段にしたいと思うならば、いかに自分をコントロールするのか、自律していくのかということが欠かせないわけです。アフィリエイトで挫折してしまう人の多くが、実際には自分をコントロールすることが、なかなかできないのではないかと、そこが挫折の原因ではないかと思ってます。

自戒の念をこめて、今日はそんな話をしたいと思っています(前置きが長くなった・・涙)

どうしてもアフィリエイトがうまくいかない理由

アフィリエイトの場合に、まず一番最初に迷うのは、どのジャンルに取り組むのか、どの案件をやるのかと言うことです。会社であれば、「この仕事お願いします、何月何日までにお願いします」と指示されます。会社員でいる時には、この指示されるってのがホントいやなわけですが(汗)実際には指示がないと自発的に仕事を見つけて、やる人なんか2割もいません。なので、会社で「強制される」っていうのは、実は大事なことです(でした)。

今思い返すと、会社の仕事って言うのは、気分がのらなくてもやっていくうちに、面白くなったり、後になって考えると自分のスキルがぐっと伸びたりしました。自分で、仕事を見つけて(探してくる・営業してくる)辛いことにも取り組んでいけるか?というと、かなり微妙です。私はそんなに強くない。アフィリの場合は、自分でこれを全部決めていかなければならない。ここが壁なのです。つまり自分との戦いです。

いかに自分が得意でないことや、自分が苦労したとしても取り組むことができるか、というのはアフィリエイターにとって、非常に重要な要素となります。よく言われることですが、自分の好きなジャンルだけを行っていくと、なかなか稼ぐことができません。私がかのレントラックスの塾で高村さんから教えていただいたのは「この案件しかできないというのは素人だ、プロというのはどんなジャンルでも行えるからプロなのだ。」ということです。俳優が自分はこの役しかできないと言ったらそれを俳優ではないって事でした。それで、とにかく市場のある車買取のサイトをつくるというトレーニングを受けたわけですが(まあ挫折したんですけども)。

当時は、それは、自分らしくない!とか感じていたけど。甘かったなぁ。今考えると、この考え方には一面の真理があって、自分の好きなことだけしかしていないとしたら、サイトがいきなり価値をもたらしてお金を生む仕事になると事は、まぁほとんどない訳です。サイトなんて、近所の壁に落書きしているのと何ら変わりがないわけです。ストリートでギター弾いているのと違いがないわけです。自分の好きなことを追求して、誰もがプロになるわけではないということです。

稼げる案件、儲かる案件、多くの場合、これは自分がしたいこととか、自分がいくらやっても負担にならないこととは違います。「ブログ飯をしたい、好きな事をブログに書いてそれで収入を得られる」というのは幻想にしか過ぎません。

ブロガーとアフィリエイターの違いは大きい

ブロガーとアフィリエイターの違いについては、各ブログで様々な事言われていますが、いちばん違うのは、この「仕事に対する意識」なのではないかと感じます。もちろんブロガーも商品レビューやガジェットをいち早く紹介することなど、独自のスタンスで「仕事化」している人も少なくありませんが、ただ書きたいことを書きたいように書いて、お金を得られるはずがありませんね。

「自分が書きたいことを優先して書く」というスタンス、私もずっとそうでした。ですが、これだけではどうしても世の中に対して価値を提供することはできていない。アドセンスもアフィリエイトも結局のところを広告業ですから、スポンサーから、「この商品このサービスを宣伝してください」と依頼を受け、それを代行して行って、そしてお金を得られるわけです。つまり、「書きたいことを書く」というブロガーの意識ではいつまでたってもアフィリエイトでの安定した収入得る事はありません。

あまり、好ましく言われることはないとはいえ、ゴール(キャッシュポイント)を決めて、ひとつの商品・サービスを「売りに行く」アフィリエイターのほうが、仕事という面では、はるかにつぶしがきくことが予想されます。依頼を受けて、代行できるということは強みです。価値です。自分の好きなことだけじゃ稼げません。

もちろん、私はコンテンツメーカーを推奨していますから、最終的には、自分のコンテンツそのものから利益を得るということも可能ではあると思います。例えばKindleで本を出版したり、私のようにペイパルを使って自分で決済を行い、コンテンツを直販したり。ただ、それが大きな収入源にはならず、やはりネットでサイトを作り、生きていくことを考えると、広告代理業・紹介業としてプロになる必要があるようです。

こうやって、「子供」は「大人」になっていくのですね(涙)

PR

関連記事

年中無休宣言。

年中無休宣言。

自営業者は年中無休です。誰に言われるわけでもなく、いつも働いています。わりとゆったり仕事したりできる

記事を読む

不安を解消する唯一の方法

不安を解消する唯一の方法

自営業としてビジネスを営むことを続けてきて 不安を解消する唯一の方法を見つけています。 そ

記事を読む

football-1274661_960_720

毎日、仕事日記を書く効用は「目標」「目的」を見失わないこと

仕事日記をつけよう 毎日、大量のお仕事に押し流されているうちに、今、自分のいる場所を見失っ

記事を読む

ネット中毒が深刻な罠

ネット中毒が深刻な罠

オンライン上でビジネスを行う上で深刻なこと。 ネットサーフィンで簡単に時間が過ぎること。

記事を読む

アフィリエイトの「責任感」の無さが大好きだけど、ちょっとこわい。

アフィリエイトの「責任感」の無さが大好きだけど、ちょっとこわい。

アフィリエイトの「責任感」の無さが大好きだけど、ちょっとこわい。 長年、店舗・物販をやってきた

記事を読む

リアルでの集客は簡単

リアルでの集客は簡単

  ネットオンリーで起業し収益化するのは 鬼のように大変なのですが・・・ 実は、

記事を読む

闇の中を手さぐり

闇の中を手さぐり

このように情報発信をするようになってから毎日のようにお問い合わせや相談をいただきます。私は、サポート

記事を読む

Amazonの格安スマホFire Phone(月額2980円)に興味あり!

Amazonの格安スマホFire Phone(月額2980円)に興味あり!

一貫してガラケー路線を貫いてきた私ですが(スマホ嫌い)どうもスマホの波には勝てなくなってきました。

記事を読む

運動不足が深刻なボクとスタンディング机

運動不足が深刻なボクとスタンディング机

以前は、ネットで仕事をする機会は人並みに多かったですが、古書を運んだり、写真をとったり、配達したり、

記事を読む

上を見ればキリが無い

上を見ればキリが無い

私の場合、コンテンツ販売を推奨していますが、 こんな私でもできるでしょうか?

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑