*

パレスチナ問題と反戦主義と反米をマンガで読了。

公開日: : ノンフィクション, 書籍

9.11を思いだす日を越えたけれど、またアメリカがシリアを空爆するというのが話題になっています。イスラム国やテロに関連した話題は少なくありませんが、なぜ?あれほど中東で問題が生じ続けているのか。いったい何が発端になっているのかは、私自身に知識が非常に少なかったのですが、最近、ここに踏み込んで知識を得たいと考えました。

ただ、マスメディアも大きく報道しない問題です。海外のニュースサイトを見ていくと、中東問題は大きく取り上げられたりしていますが、日本メディアだと、非常に小さな扱いだったりする。各ジャーナリストに注目して、個人のメディアをよく見守らないと真実がなかなか分かりません(それも真実かどうかはわからないので、フィルターをかけながら調べる必要がありますが)

難しい問題に取り組むときは入門書から

鉄則として難しい分野・専門分野に取り組むときには易しい本から始めます。マンガがあればベストです。この本の場合、マンガというより、挿絵に文字がギッシリだったので、読み終えるまでけっこう時間がかかりました。

まんが現代史 アメリカが戦争をやめない理由 (講談社現代新書) まんが現代史 アメリカが戦争をやめない理由 (講談社現代新書)
山井 教雄

講談社 2009-12-16
売り上げランキング : 252714

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アマゾンレビューでは、偏りがあると批判されていますが、反戦を訴えるなら著者の主観が入っても良いのではないかと私は考えます。

どんな歴史書でも実際に主観が入っていないものなど無いから。「事実」として、起きた出来事・起きた時期などは確証可能で、他の文献にあたりながら、総合的に事実をあぶりだしていくことができるので、まずは、考えるきっかけを頭の中にまけばよいのだと思います。

マンガと考えるとかなり難解ですが、アメリカを中心に据えた現代歴史の要約とみながら読むと中東問題を理解しやすいです。もともと、この本が最初にリリースされ、高い評価を受けていました。もちろん、こちらも読みました。

まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書) まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
山井 教雄

講談社 2005-01-19
売り上げランキング : 10856

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ここ100年前後の歴史において、最初はイギリスが、そして第二次世界大戦前後から、急速にアメリカが世界を席巻していく様子が分かりますし、中東を軸にしながら物事が動いていることが分かるので面白いです。世界の出来事はバラバラに動いているようでありながら、実は、シンプルに読み解けるのかもしれないと感じます。

その流れで、この本を読みましたが(こっちはちょっと読みづらい?)、反アメリカのような気持ちになるわけですが、実際に大事なのは、どこか一国を貶めることではなく、世界全体の動きを冷静な目で見つめることかと思います。

戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由 戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由
ジョエル アンドレアス Joel Andreas

合同出版 2002-10-10
売り上げランキング : 85367

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まんが シリーズの山井氏が、この重要な問題をまんがの形で世に問うてきたのは、1991年のユーゴスラビア内戦がきっかけになっています。「まんがパレスチナ問題」のあとがきによると、もともと、ユーゴスラビアは人口2300万人「7つの国に囲まれた6つの共和国、5つの民族と、4つの言語、3つの宗教、2つの文字を持つ1つの国」と言われる複雑な国でした、自分はユーゴスラビア人だという意識を持つ人も5%しかいなかったそうです。しかし、不自然に民族意識がかきたてられた結果・・・国家主義的な人々が増え、民族浄化が始まり、多くの血が流されました。

その経験から、山井氏は次の3つのことを考えるようになります
(そして、そのエネルギーが山井氏を著作へと向かわせていると思います)

私は次の3つのことを考えました。

①民族および民族意識はその時の政治の都合により、人工的に作られるものだ。

②民族は命をかけて戦い、護るほど確固たる信念でもないし、崇高なものでも無い。

③今後、民族主義は国際的に広がり、人類にとってはガンになるだろう。私は反民族主義の漫画を書き続け、この流れに抵抗しよう。

・・・・

世界中に民族は約3000、言語は約5000あると言われています。でも国の数は200しかありません。どう考えても、各民族の自決、分離独立は不可能です。人種、民族の壁を越えて平和に共存する方法を一緒に考えてみたいと思うのです。

(まんが パレスチナ問題( 山井教雄 講談社現代新書)P266-267 あとがき

マスメディアに対抗することは、簡単ではありませんが、個人メディア、コンテンツメーカーとして立つ、一人ひとりの力も決して小さなものではなくなってきました。知識を得たらそれを自分の中で消化し、コンテンツとして、発信し続ける努力をあきらめるまい、再びそう思わせてもらいました。

賛否両論あろうとも、私は、世界が中東を舞台に再び混とんとし始めている今、この本を読んで本当に良かったと思っています。直接では無くても、私のコンテンツに影響を与えていきます。もっと「歴史」と「世界」に目を向けようという気持ちになりました。

PR

関連記事

サイコサイバネティクス理論をビジネスに活用する(勝負脳の鍛え方)

サイコサイバネティクス理論をビジネスに活用する(勝負脳の鍛え方)

なぜだか、最近は「脳科学」にはまってしまい、類書をせっせと読んでいるわけですが、刺激を受けて脳が活性

記事を読む

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

池上彰の分かりやすさの秘密 わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書) 池上彰さんは

記事を読む

「時間が無い」は恥ずかしい言葉!侮れない1日15分仕事術の効用

「時間が無い」は恥ずかしい言葉!侮れない1日15分仕事術の効用

これでも「時間がない」と言いますか? できるやつはそういうこと言わないことはわかっているのですが、

記事を読む

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ブックオフでの立ち読みは、ストレスがたまってきた時の息抜きです。昔は10冊くらい購入してきていました

記事を読む

(書評)減らす技術 The Power of LESS レオ・バボータ

頭がごちゃごちゃになった時に読むべき本「減らす技術 The Power of LESS」 レオ・バボータ

シンプルイズベスト 減らす技術 The Power of LESS 単行本(ソフトカバ

記事を読む

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

園善博さんといえば、フォトリーディングの有名講師だと思っていたら、いつの間にか、ご自分の独特な「速習

記事を読む

経験値が高まるに連れ読書体験は深くなる(小飼 弾式速読法)

新書がベスト (ベスト新書) 本の実体は「リンク集」 本というのは、読めば読むほど、脳が刺激

記事を読む

51hsCuhpgLL._SX344_CR0,0,344,420_

まとめブログの価値とは?「はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ」

まとめブロガーは辛いよ はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素

記事を読む

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない すごい人を見た時に、いつも思う感情。この人と自分との違いって何だろう

記事を読む

次世代のメディア!インターネットの次に来るのは「本」?(指南役)

次世代のメディア!インターネットの次に来るのは「本」?(指南役)

実は、紙媒体の本って優れていますよね。最近は、夜は電子機器に触れないようにしているので、再び紙媒体を

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑