*

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

公開日: : 書籍, 読書法

園善博さんといえば、フォトリーディングの有名講師だと思っていたら、いつの間にか、ご自分の独特な「速習法」を教えておられるんですね。知らなかったです。フォトリーディングの要素が満載でしたが、これから本をどんどん読みたいぞ!と思っていたら「本を読むぞ」系自己啓発本として、読むのは悪くないです。私はこういう本とても好きですから。

本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法! 園 善博 (著)

本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法! (講談社BIZ)

今は、あまり主流ではありませんが、一時期は、速読と言えば、とにかく1分間にどれくらいの文字数を読めたか、スピードだけが重視されていたことがありました。眼筋トレーニングや、冊数をこなすトレーニングが主な世界でした。

しかし、私たちのようなビジネスマンに必要なのはとにかく、仕事に関係した内容をしっかり把握すること。ある分野における知識を習得すること。できれば、短時間で。なので、いたずらにスピードを求めているわけじゃありません。

例えて言えば、目的地まで最速で積み荷を届けるトラックの運転手みたいなもので、ビジネスマンの読書には「目的」があります。単に高速道路をレーシング気分で走りまくる人とは違うというわけで。その目的から言うとフォトリーディングはピッタリだと思うので、おそらくはフォトリーディングに育てられた園さんが、どんなオリジナルな手法を世に問うているのかを見てみたいと思い手に取りました。

内容は比較的、初心者向けだと思いますが、啓発されてところをピックアップ。

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる

Cyrus speedreading, can do 12 books in 7 seconds.
Cyrus speedreading, can do 12 books in 7 seconds. / gsimon818

「プライミング効果」とは「先行する刺激が、後続する刺激に影響を及ぼす」ことを意味します。・・・・これをどう、本を読む時に利用するのか。それは、「本を読む前に、一度ざっと見ておく」ことによってプライミング効果を引き出し、次に読むときに内容が頭に入って来やすくする、という方法です。これをやっておくと、間違いなく読むスピードも、理解するスピードも上がります。・・・・私たちのアタマの中には「プライミング記憶」というものがあるそうです。一瞬でも読んだり、観たり、聞いたりした事は、この「プライミング記憶」に記録されるらしいのです。もちろん、意識的に覚えようとした事柄ではないし、理解して保存した知識もないので、それらが記憶として使えるわけではありません。しかし、本の「パラパラ読み」のような、「プライミング記憶」を刺激する行動しておくと、それが先行刺激になって、明らかに学びやすくなるのです。(P120/121/124)

パラパラ読みはプライミング効果を利用した読書法です。本になじみをつけるという目的で、パラパラと挿絵とか表題とか見て歩きます。まったくはじめて通る道は、どこを走っているのか皆目見当もつかず、全部同じ風景に見えるけれど、何度かとおった道ならなんとなく見当がついてくることがあります。そうなって初めて地図とかも効果をあげます。ほんと、行ったことも見たことも無い場所に行こうって時は地図があっても、なかなか現状把握(今いる場所)さえできなかったりするもんね。

実は、フォトリーディングで一番学んだのは、ここなんですよね。一冊の本を通してざ~~っと読みとおすだけじゃなく、何度も何度も目を通す、しだいに本になじみができて、内容がすっと入るようになる。そんな経験を何度もするようになりました。

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める [新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール R.シーリィ 神田 昌典

フォレスト出版 2009-11-09
売り上げランキング : 26830

Amazonで詳しく見る by G-Tools

なので、今は、私は1冊の本をだいたい平均3回くらい読みます(フォトリーディングは実践していないのですが)。さ~~っと通して読むこともありますし、あたりをつけて関心のあるところだけを読んだりします。とにかく一冊の本を何度も行きつ巡りつするようにしています。そのほうが理解度が増します。基本的には情報だけ抜き取りたいと言うより、著者との会話を楽しみたいというところがあるので、頭から読んでいくほうが好きですが。

せっかくなので、現在の私の読書スタイルなど少し。

常に未読本は5冊以上あるようにしています。だいたい3冊くらいを常に並行して読んでいるようにしています。主にアマゾンでレビューの高い本、定価の高い本などを大人買いしますが、ブックオフで108円本を数冊買ってくるのも好きです。

まずは届いた本(買ってきた本)をさ~~っと目を通して読んでしまいます。
書店で買ってくる場合はすでに目を通していることが多いですし、基本は読みごたえのある本しか手に取りませんが、アマゾンで購入した場合は、さ~~っと読んだ時点で期待外れということも残念ながらあります。そういう場合には、本格的に読まないこともあります。すぐにマケプレで売ったりします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
面白そうだなと思った本はトイレに置いておきます。
そう、得意のトイレ読書です。何度か繰り返して読む本はだいたいトイレで読みます。1回につき数分でもちょっとずつ読めるものです。とにかく、一回読んだ本ですから、次回以降はスピードがあがります。数ページ読むだけですので、負担はかかりませんが、とにかく自然に本が読めるのがトイレ読書の魅力です。うちは、夫婦ともにこれをやるので、なかなかトイレから双方出てこなくなることがありますw

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
読み返したいなと強く思う場所には付箋を貼ります。
私はアマゾンのマケプレでがんがん売るタイプなので、基本的に本に汚れはつけません。カバーも、帯もはずして読みます。中身に書きこみはしません。代わりに、付箋をつけて、重要なところは引用文をコピペしておきます。後にこの文章のストックが大きな効果を上げていきます(文章作成において)。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
これぞと思う本は書評を書いてしまいます。
ブログに書評を書くと、あとで検索も容易ですし、記憶も定着します。とにかく、アウトプットすると本は自分のものになります。あとは売っちゃうか、本当に大切な本はとっておいて、定期的にトイレに置いておきます。武田信玄のような生活を送っています(武田信玄はトイレで作戦を考えたと言われているね)

基本的に書評にするのは、おすすめの本だけです。

おすすめ本一覧

なんでも書いてられないから。まあ、あとはネタ代わりに投稿することもありますが、習慣になってしまうと、書評はもっとも更新しやすいブログの形式なんじゃないかなと思いますね。

ちょっと話が飛びましたが、

本が苦手、読書嫌いと言う人は、そもそも読解力とかほとんど関係なく、自分に適していない本を読んでいるんじゃないかと思います。本は読めば読むほど、自分にヒットする良作にあたる可能性が増してきます。誰とでも楽しく会話できるわけじゃないよね。合う人、合わない人がいて当然なのだ。

そこを行くと、単にスピードをあげて読書しよう!ってだけじゃなく、自分に適した本を選ぶところから読書術というのは始まるんだよね。自分に今必要な本を選ぶポイントを、この本の中から2か所ほど。

「まえがき」「あとがき」を読んで、共感できる本を選ぶ

Empathy picture
Empathy picture / The Shopping Sherpa

「まえがき」や「あとがき」を読むと、著者がどんな思いで本を書いたのか、どういう読者のためにどう力になれるのか、その分野の知識をどんなふうに磨きあげてきたのか、などが大体わかります。自分が著者のターゲットとする読者でなければ、その本を読む意味はあまりありません。自分にあっていると判断できる本を選びましょう。(P187)

ちょっと話してみれば、この人とセンス合うかな?って分かるはずです。本も同じ。とっても評判がよくてもぺら~~っと数ページ見れば、読むべき本か読まざるべき本かが分かります。いくら前評判が良くても、自分に合わないということはあるものです。今の自分のレベルがついていかないとかね。

それを見極めるには前書きが一番です。私は本の中で前書きが一番好きかも知れない。これから、すごいことが始まるんだ!みたいなオープニングのワクワク感がいいよね。そして前書きにはだいたい著者の主張が端的にまとめられているもの。まずは前書きと、本の厚み(内容が厚いか)を見て、私は本を買います。もっとも、これはリアル書店に行かねばならないアプローチですが、ブックオフの廉価棚には、けっこう良い本が落ちてきてますので、トレーニングをかねて、リアル本屋さんをうろついてみることをお勧めします。

すべての本を読もうとするのではなく、あくまで、自分に合う本を探す努力は、読書を大好きになる秘訣だと思っています(本が嫌いな人って、読んでいる絶対数が少なすぎる。はずれを引いただけかもしれないよ)

今の自分に欠けているものをちゃんとあぶりだしてから、本を探すのもオススメ。

足りないところを補う読書

Law books on a shelf.Law books on a shelf. / umjanedoan

勉強する前にまず、自分のアタマにどんな情報が記録されているのか、とりあえず確認してみることが大切。例えば「足りない40点分の勉強して、覚えるべきことを覚える」など、アタマに目的意識を植え付けてやった方が、記憶のメカニズムも機能しやすいのです。(P75)

司法試験に受かった友人の例が本書には登場する。六法全書や法律の書籍をたくさんならべて勉強しているかと思いきや、過去問しか部屋にない。なぜ?過去問だけなの?と思って尋ねると「過去問をやってみて分からなかったところ、点数がとれなかったところを勉強する。最初から勉強したって無意味でしょ」と。は~~、頭の良い人は考えるところが違いますな。

あらかじめ自分に欠けているところを理解し、それを補う目的で勉強するのだ。だから、試験にも受かる。ダメなのは、とにかく頭から勉強をはじめちゃうことで、最初のほうは頭でっかちに知識が入るけれど最後までテキストが終わらない(または最後まで行くと最初を忘れている)のが一般的だ。これを聞くと勉強法って確かにあるね!と実感。

そうすると、自分に本当に適した本を選ぶ際も、やみくもにそのジャンルを読み込むのではなく、足りない(得たいと自分で思うところだけ)分野だけを集中的にインプットする、目的意識のはっきりした読書だからこそ、ぐんぐん入る。

このためには、やはりブログでのアウトプットが効果的。実際に書いてみるとわかるけれど、自分に蓄えの無い分野の文章というのはどれほど頑張っても書けないものだ。ある程度書いてみると「内容うっす~~」という分野がはっきりわかるので、そこで初めて強化しなければならないところが分かる。

そこからまとめて本を買って読んでもいいよね。

読書家と、そうじゃないひとは、そもそも本の選び方が違う。園さんの速習法セミナーはとても評判がいいので、機会があったら受けてみたいけど(そう言っているうちは機会なんて無いよね)、どこか、お出かけよりも本を読んでいるほうが圧倒的に幸せだったりする(引きこもり)です。

妻には迷惑をおかけしています(涙)

本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法! (講談社BIZ) 本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法! (講談社BIZ)
園 善博

講談社 2009-04-07
売り上げランキング : 400647

Amazonで詳しく見る by G-Tools

園さんは、読字障害だったと聞いたけど、今では著名な速習法講師。人生はどう転ぶか、分からないですね。それにしても、向学心があったのでしょう。そうじゃなければ、読字障害の人が、読書法セミナーなんか受けないもんね。普通。

PR

関連記事

書評ブログでトレーニング「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤 孝

書評ブログでトレーニング「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤 孝

ブログを運営するとき、いつも困ってしまったのはネタ。もともと書くことは好きなので、比較的苦労せずにブ

記事を読む

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ブックオフでの立ち読みは、ストレスがたまってきた時の息抜きです。昔は10冊くらい購入してきていました

記事を読む

haiburo

1日4000字のコンテンツで修行しよう「新・いますぐ本を書こう!」 ハイブロー武蔵

サイト作りは本を書くのとほとんど同じ いまさら作家になりたいわけではないのですが、

記事を読む

2016-07-11 16-36-58

(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本に出会ったよね。 アナ

記事を読む

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない すごい人を見た時に、いつも思う感情。この人と自分との違いって何だろう

記事を読む

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

神の手を持つ外科医も一歩ずつコツコツと 外科医のお仕事には純粋に興味があります。 ほ

記事を読む

刺さる言葉、経営者だもの

刺さる言葉、経営者だもの

経営者には、経営者の言葉が刺さります。サラリーマンにはサラリーマンの言葉です。同じ世代、同じような背

記事を読む

吉越浩一郎に学ぶ「ライフ」>「ワーク」バランス(デッドライン仕事術)

吉越浩一郎に学ぶ「ライフ」>「ワーク」バランス(デッドライン仕事術)

私の中で、吉越さんは、すごいデキる人、でも怖い人です。 もし、こういう社長だったら、萎

記事を読む

ジャーナリストに学ぶコンテンツ創出法(書評)「調べる技術・書く技術 」野村進

ジャーナリストに学ぶコンテンツ創出法「調べる技術・書く技術 」野村進

プロのジャーナリストに学ぶコンテンツの生み出し方 アフィリエイターにこの辺を学

記事を読む

(書評)減らす技術 The Power of LESS レオ・バボータ

頭がごちゃごちゃになった時に読むべき本「減らす技術 The Power of LESS」 レオ・バボータ

シンプルイズベスト 減らす技術 The Power of LESS 単行本(ソフトカバ

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑