*

頭がごちゃごちゃになった時に読むべき本「減らす技術 The Power of LESS」 レオ・バボータ

公開日: : 最終更新日:2014/09/02 おすすめ書籍, ライフハック, 書籍

シンプルイズベスト

減らす技術 The Power of LESS

減らす技術 The Power of LESS 単行本(ソフトカバー) – 2009/8/5
レオ・バボータ (著)

どんな時でも当てはまる原則があるとすれば
「シンプル イズ ベスト」ということだろう。

物事は複雑になればなるほど、

お金がかかり、
手間がかかり、
問題の原因がどこかわからなくなり・・・

悪いことだらけ。

とにかく、シンプルに。

もっと少なく、もっと小さく、
もっと減らせば
物事は上手く行くようになる。

頭がごっちゃごっちゃになった時には開いて読む
良書があるので、今日はそのご紹介。

この本は、最初読んだ時

「内容が薄いな~」と思ったものの、

なぜか売れず、ことあるごとに開いて読むのだけれど
読むたびに味わいのある良書だと感じる。

結局、この本の作りそのものが「シンプル」なのだ。

この本に背中を押されて、私が取り組んでいることはこの3つ。
(正確には取り組みたいこと・・涙)

シンプル・ゴール

Water station #1
Water station #1 / onigiri-kun

「ゴールを設定するのは簡単だが、
達成するのはとんでもなく難しい。
実現させる価値があるものほど大変だ。

目標を達成するには、

エネルギーと集中力とモチベーションが欠かせない。

だが、この3つには限りがある。

あなたがどれほど本気であろうと、その事実は変わらない。
いくつものゴールを目指したりすれば、
限りあるエネルギーや集中力やモチベーションが拡散して薄まってしまう。
そんな状態でがんばれるのは最初の2,3週間がやっと。」(P84)

私は生来好奇心が旺盛なほうだと思う。
目にするもの、目にするもの、どんなものも試してみたいし
どんなものも自分で失敗するまであきらめきれない。
やってみたい企画ならいつも20~30たまっている。

サイトを作ろうとしても、まずはジャンルやテーマを決めるだけでも
一苦労だ。だからこそ、このシンプル・ゴール方式が大事だ。

はじめてもやり遂げることは少ない。
でも、価値あるもの(収益を生むようになった)ビジネスは
曲がりなりにもやり遂げたものばかりだ。
ひとつひとつのアイデアをちゃんと形にしていくこと。

無数のやりかけ、作りかけの作品ではなく。
一個一個完成させていくことが非常に大切だ。

仕事は、井戸の穴を掘ることに似ているけれど、
ちょっと掘っては、違うところを掘り、
ちょっと掘っては、また違うところを掘り、
これではいつまでたっても水脈にはたどり着かない。

ここと決めたところを、やり続ける必要がある。

毎日ちょっとずつでも必ずゴールに向かう

ちょっとやってみたいなというような気持ちで始めると
必ず挫折する。どんなものにもある停滞期や困難期を
乗り越えるだけのモチベーションは普通は無い。

だからこそ、自分の人生のゴール(そこまで大げさではなくても)
長期的な目標と、これからやろうということがずれていては
絶対に長続きしない。

明確なゴールを決めたら、いくつものサブゴールを設定して
毎日に行うところまで落とし込んでいく。
これ、いつも、どこでも言われるけど、なかなかできないこと。

手順は以下の通り。

ワンゴール(一つのゴール)を選ぶ
(数年かけてたどり着きたい真のゴール)

サブゴールにブレークダウンする。
(1~2か月でたどりつく小さなゴールに分割する)

週間ゴールを決める。
(1週間でできるゴールに分割する)

今日取り組むタスクを決める
(1日で行えるゴールに分割する

このタスクをMIT(MostImportantTask もっとも重要なタスク)と呼ぶ。

いくつものゴールをこの方法で追うことはできない。
必ずシンプルなゴール設定となる。
これで、一個ずつ、もうしょうがない、数か月ごとに、
ひとつずつ、自分のしたいことを仕上げていくしかない。

人生は有限だから焦る気持ちはあれど、
いろいろなものにいっぺんに手をつければ、
結局は何にも達成しないから。

著者のレオ・バボータは、このシンプル・ゴールを試して

・ジョギングの週間
・ヘルシーな食生活
・計画的で生産的な人生
・マラソン大会に2回出場
・サイドビジネスで収入が倍に
・早起きの習慣を身に付けた
・菜食主義になる
・トライアスロンを2大会出場した
・はじめたブログが有名になった
・借金をゼロにした
・貯金ができた
・人生をシンプルにした
・家の中をきれいに片づけた
・電子書籍を2冊出してベストセラーになった
・小説の草稿を書き上げた
・会社を辞めて、家で仕事をするようになった
・2つ目にはじめたブログも人気が出た
・本書を出版した

2年でこれだけのことを成し遂げたらしい。
(計測が微妙なものも入っているけど)

シンプルにゴールに向かうために大切なこととして、
MIT(MostImportantTask もっとも重要なタスク)という考え方を
もう少し説明したい。

MIT(MostImportantTask もっとも重要なタスク)

「ゴールやプロジェクトは、タスクのレベルまでシンプルにして
はじめて達成可能になる。

すべてのはじまりはタスクなのだから。

タスクをシンプルにするのはもっとも重要なステップだ。
これでストレスを減らしつつ、これまでよりもうまく
目標を達成していけるようになるはずだ。」(P99)

大きな肉(食材)を想像してみると良い。
牛肉も全身の丸焼きじゃぁとても食べ切れないけれど、
一口サイズのコロコロステーキ、牛タン、カルビ、
各部に分割するとごちそうになるね。

ゴールも同じように小さなタスクに細分化してひとつずつ
取り組んでいくと必ず達成できるというシンプルな教え。

とはいえ、タスク管理には罠が潜んでいる。

ちまたのタスク管理本は、とにかく発生したタスクをもれなく
こなすことに集中して、気がつくと人生のゴールとは
全く無関係なことで自分の時間を埋め尽くしてしまうリスクが
非常に高いってこと、これ見過ごされがちなんだ。

これもやらなきゃ、
あれもやらなきゃ、
たくさんのものを抱えてしまう時代だけど、

「もし、今日自分が死んでしまうとしても
それ、本当にやるのかな??」

ちょっと立ち止まって考えてみると
実は必要のないことに振り回されている自分に気がつく。

もっとも重要なことだけを一日でやればいいのだ。
それでいいのだ(バカボンのパパ)

んで、MITの話し。

MIT(MostImportantTask もっとも重要なタスク)とは、
その日絶対に達成したいタスクのこと。

毎日3つのタスクを著者は選んでいるらしい。
その日、何が何でもやりたいこと3つ。
朝1番から、そのタスクに取りかかる。

3つのうち1つは、人生の目標に関連したタスクだ。
これを毎日続けると、もっとも大切なことは1日のうちで
必ず達成することができるようになる。

そして同時に、シンプルにゴールに毎日突き進んでいける。
これは、時間管理術の名著、マニャーナの法則とも近いけど

毎日、MITさえ終われば、あとは事実上、消化試合となる。
他をすべて余暇に費やしてしまったって良い。
なんたって、大事なことは(その日に行う)終わっているんだから。

この感覚で。

毎日行う重要な事柄3つを選んでおくのは大事だと思っている。
この本で学んで、日々実践している(実践したい)こと。

よりたくさんのことを「こなす」方法ではなく
重要なことしかしない方法を教えているわけだ。
実はそれが一番大事だったりする。

本質ですよね、この考え方。

そして、その正しいゴールに向かうためには
妨げをのぞかないといけないわけ。

これが大きいよね。

インターネット依存症を克服する

ポケモン中毒ポケモン中毒 / emrank

オフラインで仕事をする

「インターネットの接続を切るのは、
生産性をあげるためにすこぶる有効な手段だ。
実は私も本書を書いている間は接続を切っていた。
いったん慣れれば、日に何時間か
インターネットの喧騒から離れるのは気持ちがいい。
実に落ち着く。

・・・

接続を切ってしまえば、邪魔者にわずらわされることもない。
目の前にはタスクひとつだけ。それだけに集中できるから、
ぐっとはかどる。

・・・

接続を切って仕事をしようとすると、どうにもつらい。
思った以上につらい。「接続を切るなんてとんでもない」と
思うかもしれないが、それが病みつきになっている証拠だ。
しかしほかの依存症と同様に、集中すれば必ず克服できる。」(P133-134)

実際には私もネット依存症だと思う。

夜寝るまで、朝はおきた瞬間から、ネットに接続しないと
うずうずしてしまう。実際に集中できない感覚がある。
常にネットでなにかを確認したい衝動に駆られる。

今、サイトの記事を書いていても、ちょっとメールチェックとか
ヤフーニュースをチェックとか、Twitterを見たりとか、
何かしらしたくてたまらなくなるんだ。

とくに、難しい問題に直面したときとか、
頭を使わなければならないときこそ、逃げたくなる。
ネットサーフィンに行ってしまうとしばらく帰って
来られないのは分かっているのに。

10分、20分、小さな時間をネットで失っている。
ネットを仕事にするためには、ネットに使われない
自分コントロールが不可欠だ。

大事なこととして、調べ物は事前にしておく。
サーフィンするときは目的を絞って行う。
Twitterは一日三回。

などルールを決めてそれを順守することだ。
最近は意識して、読書の時間などをしっかりとることで
ネットから離れるようにしている。

スマホを持たないのもそのため。
シンプルにゴールを追求するためには
飛びかかってくる情報の波をどのようにコントロールして
いくかが欠かせない。

それができれば苦労はしないけど。
(決めてネットに接続するというのはがんばって実践してます)

苦しいけど。

というわけで・・・

頭の中をシンプルにしたい時に読む本ベスト

私の中で頭をシンプルにしたい時に読む本NO.1がこの本だ。
とってもシンプルだけど教訓は深い。

減らす技術 The Power of LESS
減らす技術 The Power of LESS レオ・バボータ

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-08-05
売り上げランキング : 10201

Amazonで詳しく見る by G-Tools

著者のブログは人気ブログだけど
結局は長い目で見れば複雑さではなく、
シンプルさが勝つんだよね。

それを身をもって実証している感じ。
見た目もシンプルですね!(いい意味で)

PR

関連記事

感動集客

感動集客

過去に、アフィリエイトを教わったことのある 松野さんが出版されるとの情報を 耳

記事を読む

abiru

(書評)マンガでわかるアフィリエイト あびるやすみつ(著)を読んでみたぞ。

アフィリエイトは知らないわけじゃないけど 私個人としては2006年くらいから、アフィリ

記事を読む

piyokop

私に影響を与えてきた3人の「偉人」

どうも~ ヨシ・ノリハラです! 私にこれまで影響を与えてきた「人」たちを紹介してみようと思

記事を読む

517-VAf98mL._AA180_

壮大にボッタクリにあう方法「アジア・イスラムのお金がなくても人生を楽しむ方法「ハビビな人々」」中山茂大

壮大にボッタクリの被害に遭い続ける旅人の考察 Street Vendors, Ecuador

記事を読む

刺さる言葉、経営者だもの

刺さる言葉、経営者だもの

経営者には、経営者の言葉が刺さります。サラリーマンにはサラリーマンの言葉です。同じ世代、同じような背

記事を読む

吉越浩一郎に学ぶ「ライフ」>「ワーク」バランス(デッドライン仕事術)

吉越浩一郎に学ぶ「ライフ」>「ワーク」バランス(デッドライン仕事術)

私の中で、吉越さんは、すごいデキる人、でも怖い人です。 もし、こういう社長だったら、萎

記事を読む

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

池上彰の分かりやすさの秘密 わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書) 池上彰さんは

記事を読む

アイデアを無限に生み出す私の方法と試してみた「ゼロ秒思考」頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング赤羽 雄二

アイデアを無限に生み出す私の方法と試してみた「ゼロ秒思考」頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング赤羽 雄二

アイデアをひたすら生み出すことに、コンテンツメーカーとしての生産性はかかっています。自分工場みたいな

記事を読む

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない すごい人を見た時に、いつも思う感情。この人と自分との違いって何だろう

記事を読む

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ブックオフでの立ち読みは、ストレスがたまってきた時の息抜きです。昔は10冊くらい購入してきていました

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑