*

「本当にやるべきこと」、自分のゴールを定める意味

公開日: : 小さな気づき

人生なんて何もかもが「有限」であることを認める

ゴールを決めることはほんと大事です。

goal3

とにかく使える「時間」は決まっているわけですよね。

時間は週に168時間。
そのうちの半分くらいは
絶対に睡眠に使わなくてはならないし。
食事の時間、移動時間などを除くと
仕事に使える時間というのは限られている。

人生とは時間そのものだから、人生は有限なんだよね。

エネルギーや「集中力」も有限。

密度の濃い仕事であれば、3~4時間しか
集中力は持たないというのが
多くの業界でのプロの意見です。

残念なことに集中力は、
意志の強さとは比例しないことが分かっています。
(時間の経過と共に落ちていく)

>ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

だから、1日の中でも本当の意味でその人の
能力がフルに使える時間ってのも決まっているわけだよね。

これが事実。有限なんですね、私たちの持っているものは。

でも、その反対に、
やるべきことは無限にあるように思える。
TODOリストを作ると、どんどんリストに加えるべきことが
生まれていくので、いつまでもリストは終わらない。

仕事の能率がよい人は、
かえって終わらない仕事の連鎖に
自ら飛び込んでしまうことがあるよね。
やればやるだけ仕事が増える罠ってやつです。

仕事さばきマシーンになってしまえば、
貴重な時間やエネルギーを使い果たすまで要求されるのが
この世の常ですから。

ここで重要なのは、

「本当にやるべきこと」だけをやるってこと。

「本当にやるべきこと」を見定める

「減らす技術」というブロガーの本が大好きなんですね。

この中に、本質に迫るための9つの質問があげられているのでご紹介してみます。

1)どんなことに価値を感じているのだろう
2)どんなゴールを目指しているのだろう
3)心から好きなものは何だろう
4)何が大切なことなのだろう
5)もっともインパクトが大きいことはどれだろう
6)長期的にインパクトがあることはどれだろう
7)それは「必要なもの」だろうか、それとも「欲しいもの」だろうか
8)「本質に迫ること」ではないことはなんだろう
9)まだ減らせることはないだろうか

減らす技術 ディスカバー社
レオ・バボータ著

レオ・バボータは、
本質に迫ることでなければ「ノー」というように提案しています。
つまりは

「本当にやるべきこと」をやるためには、

「余分なことをどれだけやらないか」が大事だと言うこと。

自分のゴールをしっかり定めたらそこに最短距離で
向かう道をちゃんと選ぶこと。

大事なことはいくらでもあるけど、

自分にとって、
自分のゴールにとって
自分がほんとに目指す生き方にとって

大事なことは
それほど多くないと言う気付きがあるよね。

ん~・・・大事。

シンプルなゴールを定める

人間が本当に集中してできるのは一個のことしかない。
だからこそ、ゴールは1個であるべき。
(これが辛い・・
何と言っても私は好奇心の固まりだから)

ここ数年で達成したいゴールを一個選ぶ。
仕事・生活・趣味など、分けないで、まさに自分が
人生を通して達成したいと思っていること

それを一つ選びだし、

そこからそれを年ごと・月ごと・週ごと・一日ごとに分割していく。
最終的には自分の決めたゴールを必ず達成できていると言う話。

理想論のようではあるけれど、
本当に大事なことをやり遂げる(また成功するためには)
自分の持つ資産(時間・集中力)を一つの方向に絞らなければ
ならないのも事実。

だとすると、優先順位の決め方。

自分にとって何が一番大事か

ということを
しっかり決めることが・・・

まずは、一番大事になりそう。

うむ。

難しいですね。

おお・・・

動画は私ではありませんけど、要約動画があるよ。

PR

関連記事

変化についていくべきか、否か。

変化についていくべきか、否か。

インターネット業界の変化はあまりに早く ドッグイヤー(犬の年齢)と呼ばれます。 *成長の速い犬

記事を読む

Yahoo!プレミアム会員が解約できない、どうしたんだい。

Yahoo!プレミアム会員が解約できない、どうしたんだい。

入り口は広く、出口は狭くですね。 これ鉄則です。 解約はできるだけ、しにくくしましょう! 継続課

記事を読む

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

常々思うことですが、ウェブ上には二次情報、三次情報が多すぎます。 伝言ゲームのように、ほかの誰かが

記事を読む

コンテンツ作りの肝!フロー体験と「熱」があることをやり続けよう

コンテンツ作りの肝!フロー体験と「熱」があることをやり続けよう

「熱」を生み出すフロー体験 あなたが本当にやりたいことはなんですか? この質問は、本当の

記事を読む

sa4945904013540

1日1万文字プロジェクト「書くことはトレーニング」だ。

私の場合は、書くことはあまりストレスにならず(むしろストレス解消になっている節もある)ライティングは

記事を読む

軸がぶれない人なんていない

軸がぶれない人なんていない

軸をぶらさずにやりたいと考える物です。 人は、みなそうです。 ところがどっこい、 軸

記事を読む

100円をいただく重みを考える

100円をいただく重みを考える

  私は物販からビジネスを学びましたので 100円の重みが分かります。

記事を読む

売り込まずに、売る方法

売り込まずに、売る方法

売られるのはいやです。 本当に買いたい商品だとしても、 サービスだとしても営業マンが近づ

記事を読む

つまるところ道具(ツール)じゃないのね

つまるところ道具(ツール)じゃないのね

  あのツールさえあれば・・・ セールスレターを見ると、熱くなってしまい

記事を読む

上を見ればキリが無い

上を見ればキリが無い

私の場合、コンテンツ販売を推奨していますが、 こんな私でもできるでしょうか?

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑