*

私に影響を与えてきた3人の「偉人」

公開日: : おすすめ書籍

どうも~ ヨシ・ノリハラです!

私にこれまで影響を与えてきた「人」たちを紹介してみようと思います。
(時折、おすすめの本や商材などを聞かれることがあります~)


piyokop

(イラスト:オカサンタ

この一冊というより、この三人に影響を受けてきました。

偉人というまでも無いかもしれませんが、
私にとっては・・ということで。

これからご紹介する著者の誰にもお会いしたことはありませんが、
その著書から、ビジネス感やモノの見方、
モノのとらえ方・考え方、とっても大きな影響を受けてきました。

まったくビジネスに関係が無いような本でも、
結果的にはすべての要素がひとつにあわさって「私」が構成されています。
じっくりと自分に影響を与えてきたモノを振り返る良い機会だと
思ってまとめ直しています。

ワクワク系マーケティング 小阪裕司さん

kosakayuji

小阪裕司氏 書籍一覧

私のコンテンツのいずれかがお気に召していただけるなら
おそらくピッタリはまると思います、ワクワク系マーケティング。

私のビジネスの進め方・考え方に関しては、
ほぼ全面的にワクワク系の影響を強く受けています。
プロフィールにも何度か書きましたが、小阪さんとの
出会いに関して少しお話してみようと思います。

店舗を経営していた際に、どんどん落ちていく売上を
なんとかしたいと手に取ったのが、
和製DRMの大家 神田昌典さんの書籍でした。
「90日であなたの会社が儲かる!」ってやつですね。

これは本当にガツンと来ましたし、それからしばらくは、
DRMの技術を駆使することに全力をあげていきましたが、
同時に狩猟系の厳しさ・無情さ・非情さを感じるようになります。

売上も成果も大きくなってきましたが、
同時にクレームも大きくなり始めました。

DRMってのは諸刃の剣です。

ビジネスに没頭しすぎて心を失いかけていたときに
出会ったのが、

この本です。

小阪さんのワクワク系です。

あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり 単行本 – 2000/11/1
小阪 裕司 (著)

どんなビジネスをやっていたとしても、
この本は一度読んで見ると良いのではないかと思います。

もっとも、心に入ったのが、

「ビジネスでもらう対価ってのは【おひねり】だ」

ということ。

(正確には、この表現じゃないと思いますが、ニュアンスね~)

お題金はお駄賃じゃないのです。
ショーを見ている観客が、最後に感動して立ち上がって
「ブラボー」って言って、差し出すお金。

感動の対価。

これが、ビジネスの意味だと、学びました。
そこから、私の

「商売はショービジネス」 というモットーが生まれました。

どんなモノを売っていても、
どんなサービスを提供していても
私の提供する舞台に来ていただいたお客様に
最高のショーを提供して、その対価をいただく。

これこそが、究極の目標になりました。

THEマインド系みたいなお話しではありますが、
小阪さんのワクワク系では、じゃあ、お客様にその感動を
与えるために何ができるかってことで、

・ニュースレターのノウハウ
・コミュニティの作り方のノウハウ

等、かなり具体的なところまで落とし込んで教えてくれます。
小阪さんの本はほとんど読みましたし、

数年ですが、

ワクワク系マーケティング実践会にも所属しました。

この出会いが無ければ、DRMくずれの起業家のようになって
しまっていたかもしれません。
偶然の出会いに感謝してやみません。

今は、小阪さんとはつながりがありませんが、
著書をたまに読んでは原点に戻っています。

さて、次に、お話しするのはちょっとビジネスから
それていきますが、私の「軸」になっている
考え方を与えてくれた方です。

操体法の橋本敬三先生

hasimotokeizo

橋本敬三氏 書籍一覧

先生と呼んでいるところから、尊敬具合がわかりますね(笑
もちろん一度もお会いしたことがありませんが、
著書はすべてそろえています。

私は、整体のスクールに通って、一時期整体師を目指していました。
今になって言えるのですが、この整体の世界と、
ネットビジネスの世界ってそっくりです、構造が一緒。

ネットビジネスの世界にマルチまがいの稼ぐ系ビジネスが横行しているように
整体の世界にも、技術やスキルがほとんど無いものの、
整体スクール屋とも言える業者が、幅をきかせています。

なんとか手に職をつけたい
脱サラして起業するには
好きなことやって稼ぐには

こういう感覚で、整体師を目指す人もごまんといます。
私は、早々とこの現実に出会ってしまい、心が折れてしまいながら
自分の求める「整体技術」探しの旅に出て行きます。

整体の世界も、情報商材と同じ、ノウハウが数万で売られ、
高額セミナーがあり、多くの派閥に分かれ・・・
完全に道を見失いかけていたときに、ラッキーなことに出会えたのが
橋本敬三先生の「操体法」です。

からだの設計にミスはない―操体の原理 単行本 – 2002/12/1
橋本 敬三 (著)

最初はその地味な感じをなめていましたが、
整体の仕事をしている最中に
自分の腰を痛めてしまい、
その腰を「操体法」であっさりと「自力」で治したのが
転機となりました。

ほんの小さな3つの動きで、激痛の腰痛を治しました。
「え??」という感じでした。

そこからは、どっぷり「操体」にはまり
仙台を旅して、弟子の方に会いに行ったりもしました。

もっとも教わったのは、橋本先生の謙虚な姿勢です。

橋本先生は、操体法を自分だけのモノにはしておかなかったですよね。

だから橋本式整体なんて名乗らなかったし、
どんな流派の人にも進んで教えました。

「これは自分が発見したモノではなく、
これまでたくさんの日本の療術の中に素晴らしいものがあって
それを誰でもできるように、自分は整理して伝えただけだ」

というのです。ちなみに、橋本先生は西洋医学の医師でしたが
なかなか患者をよくすることができない悩みの中、
東洋医学を学ぶために、整体や針灸の先生に頭を下げて
民間療法を学び続けました。

その結果、理解した身体の真理、とっても単純なこと。
運動系のゆがみを是正することが、すべての施術の目標だ。

このことに気がつき、

それをごく素人でも、一般人でもできるようにまとめなおしました。

「ウソかホントか試してみろ」

これが口癖だったと言います。

その技術を、隠したり、奥義にしたりせずに、
もともとそこにあったものを
自分が広めているだけという、謙虚な姿勢を最後まで保たれました。

だから誰でも活用できるのが「操体法」です。

高額の受講料をとったり、門下生だけに伝わっていくような
技術に押し込めてしまっている、現在の状況はちょっと違うような
気がしています。もめるのであまり深く言及しませんが(笑

お金がある人も無い人も、
プロもアマも誰でも、
自分の身体と向き合い、
ちょっとの好奇心がある人なら

マスターできるのが操体法です。

私は、操体に出会ってから、整体の技術を研鑽する終わりなき旅を
辞めることができました。また、同時に他の人を施術する世界から
抜けました。

もちろん、今でも毎日やってます「操体」。
夢は、橋本先生が夢想したように、専門家ではなく
誰にとっても「操体」の知恵をわかりやすく広めることです。

いつかしっかりメディアを作り込んで行きたいと思っています。

だいぶ健康・整体関係に話がそれましたが、
この考え方は、私のビジネス、とくにコンテンツビジネスに
大きな影響を与えています。

それは、

どんなノウハウも「自分で開発したモノ!」
とは思わないということです。

なんだかんだいって、完全オリジナル、独創的なものなんて
人は作り出せません。結局は、いろんな人の影響を受けながら
作り上げていくもの。

それを、○○式、○○流と誇るのは、あまりに傲慢過ぎます。

異論もあるかもしれませんが、
自分が思いつくくらいなら、この世界には何百人も同じこと
思いついている人がいます。それを、自分だけの手柄にして
小さなコミュニティの中に押し込めるなんてなんて傲慢なんだ。

そう思っています。

私も、できる限り無料で、また安価に、自分のノウハウを
公開していきたいと思っているのは、橋本先生のDNAを受け継いで
いるからです(別に血はつながっていませんがw)

*操体に関する現状は、あまり好ましくありません。
*コンテンツメーカーとしてのスキルを駆使しながら
やがて「操体」に関する私の考えを問いたいと思ってます。
*自分の身体に関してはかなり操ることができるようになってきました。
*私は「操体」を施術ではなく健康法として、再確立したいと願ってます。

さて3人目は、だいぶビジネスからは離れます・・・

毒舌コラムニストの山本夏彦氏

natuhiko

山本夏彦氏 書籍一覧

そして最後はちょっと毛色の違うコラムニストですが、
山本夏彦氏です。もう亡くなられましたが・・。
この方との出会いは、面白くて、当時私が大学生だった頃
所属していたゼミの教授の先生(精神科医)が、
お勧めしてくれた本です。

生徒みんなにお勧めしていたのですが、クラスの中で、
私ともう一人だけ、はまりました。
そこから,私は山本夏彦氏の本はたぶん全部そろえたと思います。

不思議な魅力のある毒舌コラムが光ります。
その中でもこの辺がお勧めしょうか・・。

茶の間の正義 (中公文庫) 文庫 – 2003/8/25
山本 夏彦 (著)

たくさんの文庫がありますが、

ほとんど同じこと言ってますw

「寄せては返す波の音」という著書でも言ってますが、
あまりに同じことを言いすぎて、まるで「波」のようだと。

山本夏彦さんが主催していた雑誌があります。
「室内」という雑誌で、これはスポンサーをつけないで
運営していたためにその雑誌の中で、彼は好き勝手に持論を
展開し始めますが、そのエッセイが話題になり
徐々に文筆家として知られるようになったのだと思います。
(ちょっとこの辺記憶が曖昧ですが)

山本夏彦氏の毒舌は、まさに

「溜飲が下がる」

というもので、新聞社とかメディアとかが、
権力に媚びて発言できない話題をズバズバと遠慮無く
切り捨てていきます。

自分では気がつかないのですが、大衆の偽善をスパッと
切ってもらうと、すっきりします。

よくぞ言ってくれたって
(自分も言われている対象なのですが)

真のジャーナリズムの姿勢を氏に見た気がしました。
(ジャーナリストというよりコラムニストですけどね)

そのくせにちょっと恥ずかしがり屋で、
どんな嬉しいことがあっても簡単には破顔したりしないで
いつも斜め横からモノを見ているような
その独特な「観点」にすっかり惚れました。

好きな人は好き、嫌いな人は嫌い。
好き嫌いが分かれる著者だと思います。

私が彼に出会ったのは大学生の頃ですから、若くして、

この虚無感のただよう、
皮肉めいた文章にどっぷりつかったのは
今考えると良かったのか、悪かったのか、分かりません(汗

ただ、簡単に大手メディアに迎合することだけはしまい

そういう決意を固めました。

スポンサーがないと自由に語ることができるんだというのも悟りました。

今、コンテンツメーカーとして、
アフィリエイトの枠組みにこだわらずに、サイトを作り続けるのも
山本夏彦氏の影響を受けているのではないかと・・・

最近になって感じるようになりましたねぇ。

>スポンサー(広告主)に媚びないことと「売文」

このへんとかですね。

書籍との出会いは一期一会

アマゾンがありますので、今ではあまりそう言われませんが、
一昔前は出会ったらすぐに書籍は買うっていうのが私らの
ルールでした。本なんてすぐに絶版になって店先から姿を消します。
そうなったら出会うのがほんと大変。

何よりも、必要な時に必要な情報・人に出会うチャンスのほうが
お金よりはるかに重要です。
そんなポりシーのもとに出会い続けてきました。

私のビジネス人生にインパクトを与えた三人の作家をご紹介しました。
よろしければ是非参考になさってください。

PR

関連記事

haiburo

1日4000字のコンテンツで修行しよう「新・いますぐ本を書こう!」 ハイブロー武蔵

サイト作りは本を書くのとほとんど同じ いまさら作家になりたいわけではないのですが、

記事を読む

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない すごい人を見た時に、いつも思う感情。この人と自分との違いって何だろう

記事を読む

burogumesi

ブログで生きていく決心!「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」 染谷昌利

良い意味で期待を覆される一冊 個人的に非常におすすめ度が高い一冊となりました。

記事を読む

ジャーナリストに学ぶコンテンツ創出法(書評)「調べる技術・書く技術 」野村進

ジャーナリストに学ぶコンテンツ創出法「調べる技術・書く技術 」野村進

プロのジャーナリストに学ぶコンテンツの生み出し方 アフィリエイターにこの辺を学

記事を読む

(書評)減らす技術 The Power of LESS レオ・バボータ

頭がごちゃごちゃになった時に読むべき本「減らす技術 The Power of LESS」 レオ・バボータ

シンプルイズベスト 減らす技術 The Power of LESS 単行本(ソフトカバ

記事を読む

書評ブログでトレーニング「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤 孝

書評ブログでトレーニング「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤 孝

ブログを運営するとき、いつも困ってしまったのはネタ。もともと書くことは好きなので、比較的苦労せずにブ

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑