*

(書評)マンガでわかるアフィリエイト あびるやすみつ(著)を読んでみたぞ。

公開日: : 書籍, 買ったもの(レビュー)

アフィリエイトは知らないわけじゃないけど

マンガでわかるアフィリエイト

私個人としては2006年くらいから、アフィリエイトはかじっているので
このブログにもアフィリエイトの話題がいろいろ出てきますわね。
アフィリエイトは大好きで、そして同時にけっこうストレスのもとになってます。
(アフィリエイト発想やコンテンツ作りは好きだけど成果はなかなか出ない)

与沢さんの活躍やヒルズな方(*)の露出で、
アフィリエイトと言う言葉の定義が
若干変わってきた感のある昨今、一般人にはアフィリエイトってどんなふうに
解釈されてたりするのかな?と思いまして購入しました。

(*)書籍の中では「一攫千金アフィリエイト」と呼んで、
これらのアフィリエイトスタイルに関しては警笛を鳴らしています。

著者あびるやすみつさんについて

アフィリエイト創世記から活躍していると言われているあびるさんに
ついて知ってみたいと思っていました。

あびるさんのブログ「abi-station」

アフィリエイトにはいろいろブラックな側面があるので
運営サイトも公開しながら「純ホワイト」に見えるアフィリエイトで起業した
会社の社長さんが何を感じているかを知りたかったわけです。

というわけで、特に5章の

「作者はどうやってアフィリエイトで成功できたの?」を
興味を持って読みました。

今は収入がある人の過去話って面白いですよね。

もともとあびるさんはウェブデザイナーで
後にプログラムを独学しながら
サイトをつくってきたって方でしたね。

何の経歴も無い私から見ると、
「できる人なんだよ!やっぱ最初からWEB関連だし」
とか思っちゃうけど、すごい努力をしてきたことは伺えます。

その努力の方向性は、やはりあびるさん独特のものかなと思ったな。

4章のサイト運営の効率化では、

APIやプログラムについて多くを語っているので、
そっち系に強い理系アフィリエイター(?)だと思いました。
そして一生懸命独学されたようです。

まあ、この辺、ちょっと私とは毛色が違うかな?
と思いつつ・・・

(私はプログラムもデザインも全くできません・・・涙)

後にはショッピングカートのシステムを受注して制作したり、
現在も通販系のサイト運営に積極的に携わっておられるようです。
価格.comのような独自の切り口があり、世の中の需要も満たす
ウェブサービスを作って行くって感じかな。

私のようにコンテンツ販売や情報商材アフィリもある程度好きな
清濁併せ飲むスタイルからすると、あびるさんのスタイルはきれいすぎる
というか、ネットショップ指南本のようなプロっぽさを感じてしまい
自分にはちょっと敷居が高いかもと思ってしまいました・・・

私のイメージするアフィリエイトとはちょっと違いました。
(私のイメージがブラックすぎるのだと思いますw)

月並みな感想ではありますが・・・

アフィリエイトと一口に言ってもそのスタイルは千差万別

私はそれなりに何年もこの世界をうろちょろしていますので
(そのうち3~4年はアフィリエイトを完全に離れてます)
いろいろなサイトアフィリエイターを見ています。

・趣味ブログの量産でアドセンスで稼いでいた人
・ツールで何千個もサイトを立ち上げ完全自動で稼ごうとする人
・被リンク・中古ドメインのいわゆるブラックSEOで数百万稼ぐ人
・企業サイトと見まがうような1サイトで大きく稼ぐ人
・絶対的な文字数・ページ数・ロングテールで稼ぐ人
・ペラサイトをひたすら作り続けて稼ぐ人
・圧倒的な信頼感をつくりレビューサイトで稼ぐ人

サイトアフィリだけでも、驚くほどのバリエーションがあります。
ほんと、人それぞれだなぁと感じますが、
これに、メルマガなりSNSなり、他の手段も加われば・・・
数え切れないほどの「ノウハウ」があふれています。

あびるさんの方法は、あびるさんの成功した方法と理解して、

いかに、自分の信じるスタイル(市場にとって価値のある)を
早くに見いだせるかですね。

自分のスタイルを決めたら、
そこでとことん悩みながらも貫いていくって姿勢ですね。

たとえばって話ですが、

オリンピックにも信じられないくらいたくさんの種目があるわけですが
自分の適性にしっかりあった種目で訓練を続けて(一心不乱に続けて)
ようやく代表選手になり・・メダルを獲得し・・となるわけで、

やり投げをやってみて、走り幅跳びに変更し、球技をして、水泳で・・
種目(自分の天性の才能にあったスタイル)を見つけられず変え続けていたら
とっても進歩できっこありません。

いかに、早くそこを見いだせるかってことかなぁ。
ってのが、私の読後感でした。
(たぶん一般的な読後感とはだいぶ違うと思いますけど・・汗)

一攫千金系アフィリエイトの警句

あびるさんは日本アフィリエイト協議会と関わりがありますが、

ここは情報商材を徹底的に排除してます。
たとえば、私のようなちょこっと情報商材を扱っているような人でも
所属させてはもらえません。私は自分でもつくってますからね(汗)

なので、この本もいわゆる一攫千金系(情報商材系)への警句という
側面が強いようです。アフィリエイトのノウハウを教えよう!とか、
アフィリエイトに携わる人を増やそうと言うより
(そういう意図もあると思うけど)
一攫千金系アフィリと物販系の健全なアフィリは違いますよ!!
というのをアピールしたいのかなって。

稼ぐ系アフィリエイトの問題点は

確かに、一部の情報商材系の稼ぎ方は目に余るものがあり、
あれが「アフィリエイト」だとすると問題は大ありでしょう。

「稼ぐ方法を教えて稼ぐ」アフィリエイトは基本的に私も好きでは無いですが

それ自体が悪いと言うより、
(そんなことを言ったら大半のビジネス書は×ですし、コンサルなども
存在し得ないことになりますからね)

稼ぐ系アフィリエイトの指導者・またはノウハウに
「まがい物」が多いということが問題なのだと思います。

「稼ぐ方法を知りたい人」って基本的に目が曇っているので・・・
これから安定して月100万稼げるようになりますよ!っていえば
10万円を簡単に支払ってしまう人が多いです。

方法としては投資詐欺の子ネズミみたいなものです。

そもそも、真偽を見分けられない人(消費者)が悪いってのもあると思うけど
それ以上に「稼ぐ方法を教えて稼ぐ方法を教える人」が多く(笑)
何の実績も、技術も、知識も持たない人が、いっせいに「稼ぐ方法を教える」
みたいに言っているところが大きな問題なわけです。

先生とか師匠とか名乗っている人が、数ヶ月前に初めてブログ立ち上げた人とかw

スクール系ビジネスはどこも同じ

私は過去に整体のスクールに通っていたことがあるわけですが、
(当時は整体に関心があり整体師を目指してました)
だんだん、こういう整体の世界、とくにスクール屋の存在に気づくようになりました。

一介の整体師が、お客さんをちゃんとつかみリピートをとり、
そしてちゃんと整体で症状を緩和させていくってのは、一般人が思うほど
簡単じゃないわけです。整体院を成功させるってのは難しいわけ。
一日に施術できる人数だって決まってますしね。
自ずから収入にだって限界があるわけですよね。

でも「整体師になりたい人を教えるスクール」などだと
上限無いですよ、それこそ、フランチャイズにでもしちゃえばもっともっと(汗)
単価も何十倍に上げられますし。

自分の身体のコンディションを整えるために
数千円出すのは渋るおじさんが多いですが
自分が整体師になるぞ!的な感じで資格を得るために
数十万出す人は多いですよ。

これが残念ながら人間の性なのでしょう。

ついでに言えば、整体師になるだけではなく整体師になりたい人に
教えるマスタープラクティショナー資格?ならもっと需要があるわけです(涙)

儲けたいとか、楽して稼ぎたいとか、

ここらへん求める人が多い以上(需要があるわけだから)
この手の「稼ぐ系」販売方法は無くならないですよね(供給もあるわけだよね)
これは情報商材に始まった話ではないんだよね。

まあ、戦いたいですけどね、私も。微力ながら。

アフィリエイト業界の全体像を理解する

どんなビジネスでも同じだけど、消費者がまずは賢く無ければ、
この手のいわゆる「アフィリエイト」は無くならないです。

その意味で、一般的に「アフィリエイト」って間違って認知され始めてるから
啓蒙の意味も含めて健全な(?)アフィリエイトと比較して
正しい方向に導きたいというきもちはよく理解できます・・。

*物販だから健全かっていうとそれは違うと思うのですが・・
アフィリエイトの泣き所、お金の匂いがするところにある「偽善」と「危険」

アフィリエイトビジネス、または業界の今の全体像を伝えた上で、
あとは一人一人が自分で見抜く目をしっかり養うことなのかなって私は思う。
誰の、どんな情報をを信頼するかが重要な時代だから・・
このブログもそんな役に少しでも貢献できればと思ってはいますが。

怪しいよね、ですよね(笑)

さあ、あなたは誰を信じるかって話ですね。

とりあえずは、あびるさんを信じた方が良いと思いますよ(笑)

マンガでわかるアフィリエイト
あびるやすみつ (著), えいびぃ (著)

ベテランアフィリエイターにして日本アフィリエイト協議会理事の著者が、正統派アフィリエイトのやり方を、マンガ仕立てでやさしく解説!
初心者が騙されがちな詐欺まがいの行為についての注意点もしっかり書かれているので、安心して「長期間安定して稼ぎ続けられる」アフィリエイトを始められます。

P.S.

ちなみに、マンガでわかるアフィリエイトを読んでも
アフィリエイトの具体的な手法(ノウハウ)は分かりません。
「アフィリエイトってこんなもんか」という漠然とした知識が入るだけ。
(今までお話ししたようにそれも大事なんだけど)

なので、もう一歩踏み込んで学んで見たいと言う方には
この教材がおすすめ

超初心者向け無料ブログで「ついでにアフィリエイト」

というわけで書評と見せかけて・・

オリジナル教材のステマ記事でした(涙)

PR

関連記事

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ブックオフでの立ち読みは、ストレスがたまってきた時の息抜きです。昔は10冊くらい購入してきていました

記事を読む

burogumesi

ブログで生きていく決心!「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」 染谷昌利

良い意味で期待を覆される一冊 個人的に非常におすすめ度が高い一冊となりました。

記事を読む

パレスチナ問題と反戦主義と反米をマンガで読了。

パレスチナ問題と反戦主義と反米をマンガで読了。

9.11を思いだす日を越えたけれど、またアメリカがシリアを空爆するというのが話題になっています。イス

記事を読む

ipad retina(タブレット)を買いました

ipad retina(タブレット)を買いました

スマホも持たず、ガラケーでがんばっていたのですが、 私は、スマホは持たないんです、中途半端です、あ

記事を読む

football-1274661_960_720

毎日、仕事日記を書く効用は「目標」「目的」を見失わないこと

仕事日記をつけよう 毎日、大量のお仕事に押し流されているうちに、今、自分のいる場所を見失っ

記事を読む

.xyzドメインを取得してみた、特に意味は無い。

.xyzドメインを取得してみた、特に意味は無い。

.xyzドメインを取得 面白そうなドメインを取るのは半ば趣味で、これまでたくさんのドメインを思

記事を読む

イラスト素材集の「さし絵スタジオ2」「コミPoビジネス版」を購入。

イラスト素材集の「さし絵スタジオ2」「コミPoビジネス版」を購入。

イラスト素材集を衝動買い フリーのイラストを探し続けるのは結構な手間。私は、なぜなにマーケティ

記事を読む

2016-07-11 16-36-58

(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本に出会ったよね。 アナ

記事を読む

経験値が高まるに連れ読書体験は深くなる(小飼 弾式速読法)

新書がベスト (ベスト新書) 本の実体は「リンク集」 本というのは、読めば読むほど、脳が刺激

記事を読む

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

池上彰の分かりやすさの秘密 わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書) 池上彰さんは

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑