*

アフィリエイトの泣き所、お金の匂いがするところにある「偽善」と「危険」

お金の力に屈したくない

私がアフィリエイターでは無く、コンテンツメーカーを名乗っているのは、お金の力に屈したくないからです。以前の記事でも書きましたが、アフィリエイトの成功はスポンサー(広告主)次第です。

広告屋とコンテンツメーカーとの「違い」と「誇り」

スポンサー(広告主)に媚びないことと「売文」

アフィリエイトの場合、必要とされるのは自分の理念や理想にそったコンテンツではありません、あくまで、スポンサーに「誘導」する記事しか作り出せないこと(それしか求められていないこと)私はここに、挫折を感じました。もっとも、アフィリエイターとしてやっていくためには割り切りが必要で、広告屋に徹することができれば、リスクも少ない素晴らしいビジネスモデルだと思います。

さて、アフィリエイトで稼げる案件の中に必ず食い込んでくる「育毛剤」に関して、暴露的な記事を発見しましたのでご紹介します。一時期、育毛剤アフィリに真剣に取り組もうと思ってた私にとってはちょっと衝撃でした。

育毛剤の真実

ikumo1

ハゲが治るのは30人に1人! ひろゆき氏らが語る、日本の育毛剤が「効かない」うえに「高い」ワケ

ご存じ、週刊金曜日の北村氏、買ってはいけないの渡辺氏と2ちゃんのひろゆき氏との対談動画です。育毛剤の危険と偽善を大胆に暴いています。やはりスポンサーがついていないメディアってのは強いなと感じさせるものです。
ジャーナリズムというのは、スポンサーに媚びていてはできませんよね。

育毛剤の「偽善」、医薬部外品の真実

ikumo2

*アマゾン育毛剤検索結果画面キャプチャ

この動画で取り上げられている育毛剤は2種類あって、医薬品のリアップ、そしてそれ以外の医薬部外品。

医薬部外品の育毛剤の効能は

「脱毛の防止、育毛または除毛」であって「発毛」は入っていない

ということに注意をひいています。

たいてい、育毛剤というと「毛が生えてくる」ことを期待して購入・使用しますが、実はおおかたの育毛剤には「毛が生える」効果は無い。「今ある毛を抜けない」ように、また「今ある毛を育てる」効果しかないのだと。発毛剤と「発毛促進」という言葉の違いなど。

ここにメーカーの「魅せ方」(マーケティング)があるわけだけど、実際には、効果が無いものを効果があるように見せかけることを、私たちは一般的に「詐欺」と考えるわけで、こうなるとほとんどの育毛剤、微妙だなと。

正々堂々とやるなら

「これ(育毛剤)は生えないけど、今ある毛は守ります!」

と謳えば健全で誠実だけど、それじゃ、買わないわけですよね(笑)

だからいかに、ミスリード(誤解)させるか・・が広告の力量。こうなると、コンテンツメーカー思考の持ち主にとっては、宣伝のためのステマ記事なんて絶対書けないよね。こういうことは掘り下げて調べれば調べるほど分かってくるわけだから、まともにやろうと思う人ほど、筆が止まることになるでしょう。

育毛剤の「危険」、リアップの真実

発毛剤と銘打ち、しかも、医薬品として認められている「リアップ」。

もちろん、効果が認められたので医薬品になったわけだけど、ここにも怖い真実が。

リアップはもともと、血圧を下げる薬で発毛剤ではなかったのだそう。でも副作用でどんどん毛が生えることが分かって「お~それなら育毛剤として売っちゃうか」というのが、この育毛剤の始まり。

だから、血圧が低い人が使うと、どんどん血圧が下がる(下がり過ぎる)危険があるのが、この育毛剤なんだと。

薬というのは、毒にもなるわけだから(効果があるというのはそういうこと)。人体実験している場合ではないなぁと改めて思わされる。こういうリスクもちゃんと理解したうえで、育毛剤をアフィリエイトするなら良いのだけれど、知らずに勧めることの功罪は大きい。

育毛剤アフィリエイトは危険

私も一時期、かなり真面目に育毛剤のアフィリエイトに取り組もうと思ったことがありまして、いろいろ調べていたのですが、けっこう引っかかるわけですよね。情報を知れば知るほど、そこに思いっきり注力することをためらうようになりました。

育毛剤のアフィリエイトではけっこう有名なアフィリエイターさんが何人もいますが、中には人体実験さながら、自分の体(頭髪)で試している人もいます。ただ、上記の動画であげられているような作用をよく知った上で使わないと、単に頭髪だけの問題では無く、自分の健康を害してしまう恐れがあります。サプリや健康食品のアフィリも同じですが、レビューが命がけの商品もあるということを忘れないでいたいものです。

そして、こういうもの(リスクをとるもの)こそ、報酬は大きいです。

だからこそ、儲かる儲からないではない、別の軸(価値基準)を持って、コンテンツを作っていかねばならないと改めて思いました。

P.S.

私も薄毛に悩むわけですが、そうなったら、もう割り切ってアデランスがいいかなとか思ったりしましたよw

PR

関連記事

コンテンツメーカーの5つのキャッシュポイント

コンテンツメーカーの5つのキャッシュポイント

キャッシュポイントをどのように作るか コンテンツメーカーとしてのサイト作りの場合、アフィリ

記事を読む

「自分なりのポジショニング」から価値あるコンテンツは無限に生み出せる

「自分なりのポジショニング」から価値あるコンテンツは無限に生み出せる

「自分なりのポジショニング」は貴重 バッターボックスは真横から撮るのが無難だし、あんまり技術な

記事を読む

kousodayon

広告屋とコンテンツメーカーとの「違い」と「誇り」

アフィリエイターは「広告屋」 決して揶揄するわけではないけれど、アフィリエイターは「広告屋」だ

記事を読む

オリジナルのコンテンツ大量に生み出していくための読書術

オリジナルのコンテンツ大量に生み出していくための読書術

稀代のコンテンツメーカーといえば、齋藤孝氏です。 私は、彼の著作が大好きで、かなりの数

記事を読む

スポンサー(広告主)に媚びないことと「売文」

スポンサー(広告主)に媚びないことと「売文」

スポンサー(広告主)は誰より大事 芸能界も商業界も基本的にはお金の力で動いています。これは本当

記事を読む

コンテンツ作成における「モチベーション」を上げるたった2つの方法(選択理論に学ぶ思考法)

コンテンツ作成における「モチベーション」を上げるたった2つの方法(選択理論に学ぶ思考法)

モチベーションが上がらないので仕事が出来ない人々 まず、はじめに、この記事においては、モチベー

記事を読む

無から有は出てこない、つまり「ノウハウ」の作り方。

無から有は出てこない、つまり「ノウハウ」の作り方。

自分にはノウハウが無い・・・悩み なぜなにマーケティング倶楽部では、コンテンツメーカー(最終形

記事を読む

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

常々思うことですが、ウェブ上には二次情報、三次情報が多すぎます。 伝言ゲームのように、ほかの誰かが

記事を読む

私が最後に辿り着いた「コンテンツメーカー」という立ち位置

私が最後に辿り着いた「コンテンツメーカー」という立ち位置

コンテンツメーカーを「自称」する アフィリエイトも大好きなのですが、私はどうしてもサイトアフィ

記事を読む

「ノウハウ」を生み出せるジャンルを選ぼう。

「ノウハウ」を生み出せるジャンルを選ぼう。

アフィリエイトの場合は、広告があるかどうかがジャンル選定の基準です。もっといえば、高報酬、承認率、安

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑