*

スポンサー(広告主)に媚びないことと「売文」

公開日: : コンテンツメーカー

スポンサー(広告主)は誰より大事

芸能界も商業界も基本的にはお金の力で動いています。これは本当です。

面白い記事を幾つか目にしました。

kattehaikenai

なぜサプリメントを「買ってはいけない」のか? ひろゆき氏らが暴く、健康食品7000億円市場のウラ側

ご存知、週間金曜日の北村肇氏のインタビューなのですが、スポンサーの影響を受けていないメディアって強いですよね。言いたいことをズバズバと。週間金曜日に連載されていた「買ってはいけない」シリーズは社会現象にもなりましたね。

ちなみに、テレビやラジオでは、洗剤メーカー、車メーカーの悪口は禁句だそうです。大手スポンサーだから。だから、バシバシと不正を調査したり、矛盾をついていく辛口の番組も、スポンサーがらみだといきなり元気がなくなる。でも、これは弱いものいじめですよね。強いもの(お金)には逆らわず。

子供っぽく言えば、そういうメディアは軽蔑されるべきものだと感じます。私はね。

芸能情報に関しては、興味深い書籍も出ていますけど、こういうことメディアでは一切出てこないわけですね。これこそ、芸能リポーターが追うべき情報なのにね。

メディアは大手芸能プロダクションにも牛耳られているから。

鈴木亜美、北野誠…なぜ芸能人は突然“干される”のか?芸能界を歪める芸能プロの“政治”

テレビもラジオも、コンテンツを作ってはいますが、実は「広告業」だから、スポンサーがいなければ収益を産めないわけですよね。スポンサーに傷をつけるようなことは決してできない。だから、実は全部「やらせ」なんですよね。

コンテンツも本来の意味からすれば客寄せにすぎない。

アフィリエイトもメディアだから難しい

以前も書きましたが、私が純粋なるアフィリエイトに挫折したのはそのためです。いわゆるホワイトハットSEOで、ひたすら商品や業界を調べて純粋なる気持ちで作りこむサイト職人の私(言い過ぎ?)は、調べれば調べるほど、まともにアフィリエイトができなくなってしまいました。

あまりにも、そこにはスポンサー(広告主)の縛りがあります。もちろん、どんな商品を広告するかは選べるものの(実際、稼げるジャンル、お金を出してくれる広告主は限られている)スポンサーの意図を外すと見事に稼げないわけです。

その経緯は下記に書きましたね。

広告屋とコンテンツメーカーとの「違い」と「誇り」

アフィリエイトを「広告屋」といって揶揄しているように思えるかもしれませんが、これは本当のことで、これを理解しないと本気でアフィリエイトは続けられないでしょう。ある意味では割り切りが必要。

私はこの点、ちょっと不器用さがあります。

スポンサーの意図に沿いながら、人の記憶に残り、感動を与えるコンテンツを作るのは難しいものです。TV局の制作に携わる人はそんなことをいつも考えているんだろうな、そんなことを考えてしまいます。自分の表現したいことと、お金になることは必ずしも両立するものではありません。

「売文」の卑しさ?

文章を書いて収入を得る人のことを卑しんで使う言葉があります。「売文」。ちょっと言い過ぎな感じはしますが、結局のところ、コンテンツを売るからには(売れるコンテンツであるには)世間に迎合しなければならないのだから、それを批判する人がいるのは頷けます。結局、大衆に理解される芸術(コンテンツ)と玄人が満足するそれは違うのだろうし、折り合うことが無いのでしょう。

>「売文」という職業(高橋源一郎)

とすると、そんなに大したことをしたいと思っているわけではないのだけれど、自分が抱えている悩みってのは、えんえんとコンテンツを生み出す仕事をしている人が抱えてきた悩みなのではないかと思ったりする今日このごろです。

好き嫌いはあると思いますが、スポンサーの影響を受けていないメディアは面白いですよね。

PR

関連記事

ジャーナリストの姿勢に学ぶコンテンツ作りに開眼

ジャーナリストの姿勢に学ぶコンテンツ作りに開眼

ジャーナリストにコンテンツ作りを学ぼう Journalist Klaus Pokatzky /

記事を読む

私が最後に辿り着いた「コンテンツメーカー」という立ち位置

私が最後に辿り着いた「コンテンツメーカー」という立ち位置

コンテンツメーカーを「自称」する アフィリエイトも大好きなのですが、私はどうしてもサイトアフィ

記事を読む

無から有は出てこない、つまり「ノウハウ」の作り方。

無から有は出てこない、つまり「ノウハウ」の作り方。

自分にはノウハウが無い・・・悩み なぜなにマーケティング倶楽部では、コンテンツメーカー(最終形

記事を読む

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

常々思うことですが、ウェブ上には二次情報、三次情報が多すぎます。 伝言ゲームのように、ほかの誰かが

記事を読む

kousodayon

広告屋とコンテンツメーカーとの「違い」と「誇り」

アフィリエイターは「広告屋」 決して揶揄するわけではないけれど、アフィリエイターは「広告屋」だ

記事を読む

オリジナルのコンテンツ大量に生み出していくための読書術

オリジナルのコンテンツ大量に生み出していくための読書術

稀代のコンテンツメーカーといえば、齋藤孝氏です。 私は、彼の著作が大好きで、かなりの数

記事を読む

アフィリエイトの泣き所、お金の匂いがするところにある「偽善」と「危険」

アフィリエイトの泣き所、お金の匂いがするところにある「偽善」と「危険」

お金の力に屈したくない 私がアフィリエイターでは無く、コンテンツメーカーを名乗っているのは、お

記事を読む

コンテンツ作成における「モチベーション」を上げるたった2つの方法(選択理論に学ぶ思考法)

コンテンツ作成における「モチベーション」を上げるたった2つの方法(選択理論に学ぶ思考法)

モチベーションが上がらないので仕事が出来ない人々 まず、はじめに、この記事においては、モチベー

記事を読む

コンテンツメーカーの5つのキャッシュポイント

コンテンツメーカーの5つのキャッシュポイント

キャッシュポイントをどのように作るか コンテンツメーカーとしてのサイト作りの場合、アフィリ

記事を読む

「ノウハウ」を生み出せるジャンルを選ぼう。

「ノウハウ」を生み出せるジャンルを選ぼう。

アフィリエイトの場合は、広告があるかどうかがジャンル選定の基準です。もっといえば、高報酬、承認率、安

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑