*

稼ぐのは簡単ではないと「割り切る」、副業レベルにとどめると幸せです。

公開日: : 小さな気づき

たくさんのネットビジネスを経験して言えること(本音)

私は、店舗運営→ネット販売(ショップ運営)→せどり・転売→アフィリエイト→コンテンツ販売→コーチング・コンサル(まねごと)→コンテンツメーカー(今、ココ)。たくさんのお金を稼ぐ方法を試してきました。その一連の経験は、下記の無料コンテンツにまとめています。(ボクと9つのネット起業法 )

副業と本業との間にある「壁」の高さ

いろいろなビジネスをやってきた結果、ひとつのことは間違いなく言えます。

月10万(利益)を稼ぐのは何を選んでもけっこう簡単。

バイトと同じようなものです。それなりの投資(時間・材料費・仕入・・)をすれば、到達可能です。誤解をしてほしくないのですが、コンビニで月10万のバイトをするのと同等、それ以上の時間や労力はかかります。それでも、それはバイト程度の労力でいけるから「簡単」と表現しました。

*事実、アフィリエイトをやってみたいという友人に、いろいろ説明したら「面倒くさくてそんなことできない」と言われました。せどりの方法も教えましたが「仕入れる資金がない」と言われました。じゃあ、どうやって稼ごうと思うの?「なんか、楽な方法あんじゃないの、それやってるやつさ」(以下、ループ)なので、一般的に見て「簡単」という意味ではありません。

本題に戻りますが、それ一本で生計を立てよう(月30~50万)と思うと、尋常ではない労力・時間がかかるもの。甘くないなと感じさせられます。いわゆる「副業」と「本業」の間にある壁は半端無く高いと感じています。誰かが操作しているかのごとく。しかも、成果が上がるまで無休・無給でしなければならないことの多さ、成果が出るまで半年は無給労働なんてよくあることです。しかも、本業になれば「稼ぎ続けなければ」なりません。ネットでのビジネスは、どれも安定などしません。「続ける」のは本当にしんどいことです。

私の場合は、何度も心が折れましたが、幸い、ネット一本ではなく、店舗を営業しながらだったり、リアルに根付いたサービスを運営しながら、試行錯誤できたので挫折せずに今でもやっています。

つまり常に「副業」だったから、できたということです。

たどりついた結論としては、夢も何も無い話なのですが、ネット上の手法は「副業」で抑えるのが、賢いように感じています。心に余裕を残しつつ、少しでもプラスになれば良かったと思えるくらいでとどめることです。満足できなければ、何百万を稼ぎだしても不幸なのではないでしょうか。

稼ぐのは簡単ではないと「割り切る」

大人だったら誰でも分かっていることなのですが、稼ぐのは簡単ではないのです。周りを見渡して見ればすぐに分かります。今の自分の給与に+10万することが、どれほどたいへんなことか。ところが、ネットビジネス界隈を見ると(見てしまうと)、月100万を稼ぐ(と喧伝する)人の多いこと、多いこと。

「何でこんな若い人が、主婦が、学生が・・・月100万を稼げて、自分は全然稼げないのか?おかしい!きっと何か方法があるはずだ!」

そう思って、「答え」を探しに行って、はまり込んでしまう人が多いようです。しかし「答え」なんか無いのです。今の自分の延長線上にしか、自分の人生はありません。他の人の儲かっている様子は、うらやましく思えるかもしれませんが、本当かどうかすら分かりません。もしかしたら、単なる「罠」かもしれない。

*私はもう無料オファーとか情報商材には基本的に興味がありません。たくさん買いまくったあげくですが(涙)。それは経験を通して現実が見えているからです。

利益500円でも稼ぐのはたいへん

私は物販を長くやってきましたから、はっきり言えることですが、500円でも稼ぐのはたいへんなことです。お客さんは価値が無いものには、一切お金を払いません。またはクレームを入れますね。せどりや転売でも、500円利益を着実に生むのは簡単ではありません。仕入・販売・梱包・発送、全部こなしてようやく500円です。諸経費・自分の人件費・時給を引けばマイナスになることばかりでしょう。

本当の利益としての500円。これを稼げるようになるまで、たくさんの経験値を積む必要がありました。そして、それは一回のお弁当代で飛んでしまうお金です。お金は貴重だが、簡単に飛んでいってしまうものですね。

でも、これが本当のお金を稼ぐ人の姿です。

稼いでいることを喧伝するのは異常

稼いでいる手法・サイト・ノウハウがあるなら、何が何でも秘密にするはずです。それをあかすのは間違いなく意図があります。私だったら間違いなくやりません。何のための喧伝なのかを見抜く目を培わねばなりません。

私が、教えている倶楽部では稼ぐことを教えてはいません。そんなこと、教えられません。自分自身がネットを使ったビジネスの波の中でサーフィンするので必死です。振り落とされないようにするのに、毎日変化を越えていかねばなりません。

私がお伝えしているのは、いくら稼ぐ方法ではなく・・「自分のオリジナルのコンテンツを作って販売するノウハウならあるよ!」と言うことです。いざやってみると、いっぱいつまづくことありますよね、コンテンツ販売の難易度はアフィリエイトの比では無いです。

レターの作り方、ダウンロードサイトの作り方、決済の方法、クレームの対処法、メルマガスタンドの選び方、SNSとの連動方法、サポートデスクの運用方法、こういう具体的なことをお伝えしていますが、自分が何度も行き詰まってそれを一個ずつクリアしていったからこそ、お伝えしたくてしています。しかし、それで何十万稼げるかは分かりません。それは、その人のコンテンツ・マーケティング能力次第です。

私は、月○○万稼げるようになるよ!というセールスをするようになると、人として終わっていると感じています。自分への警告も含めて、そう書いておきます。

筋トレと一緒!甘くないです(動画は私ではありません・・・涙)

*稼ぐ系っぽい質問をいただくことが多いので、下手な防止記事を書いてみました(笑)

PR

関連記事

売り込まずに、売る方法

売り込まずに、売る方法

売られるのはいやです。 本当に買いたい商品だとしても、 サービスだとしても営業マンが近づ

記事を読む

小さくする、細分化する

小さくする、細分化する

最高級の素材、最大級の資材が良いわけではありません。 顧客目線で見れば、 「こんなにいらないか

記事を読む

「本当にやるべきこと」、自分のゴールを定める意味

「本当にやるべきこと」、自分のゴールを定める意味

人生なんて何もかもが「有限」であることを認める ゴールを決めることはほんと大事です。

記事を読む

軸がぶれない人なんていない

軸がぶれない人なんていない

軸をぶらさずにやりたいと考える物です。 人は、みなそうです。 ところがどっこい、 軸

記事を読む

「自宅で始める自営業ガイド」に引きつけられた。

「自宅で始める自営業ガイド」に引きつけられた。

ブックオフで立ち読みしてみた。   起業とか、スタートアップとか、経営とか、いろ

記事を読む

100円をいただく重みを考える

100円をいただく重みを考える

  私は物販からビジネスを学びましたので 100円の重みが分かります。

記事を読む

成果が出た場所を深堀する。

成果が出た場所を深堀する。

インターネットをビジネスに活用するようになって いよいよ実感していることがあります。

記事を読む

無から有は出てこない、つまり「ノウハウ」の作り方。

無から有は出てこない、つまり「ノウハウ」の作り方。

自分にはノウハウが無い・・・悩み なぜなにマーケティング倶楽部では、コンテンツメーカー(最終形

記事を読む

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

ウェブ上には一次情報以外必要ない。

常々思うことですが、ウェブ上には二次情報、三次情報が多すぎます。 伝言ゲームのように、ほかの誰かが

記事を読む

Yahoo!プレミアム会員が解約できない、どうしたんだい。

Yahoo!プレミアム会員が解約できない、どうしたんだい。

入り口は広く、出口は狭くですね。 これ鉄則です。 解約はできるだけ、しにくくしましょう! 継続課

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑