*

(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

公開日: : プロの仕事術, 書籍

2016-07-11 16-36-58

ミスをしたくないならチェックリストを使おう

素晴らしい本に出会ったよね。

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】

人間はミスをするものだという現実に即して対策を講じるもちろん、ミスなどしたくないし、ある分野のプロフェッショナルと言えるくらいになると(私はなってないけど)ポカミスはしなくなると思ってしまう。周りで見ている人も、自分も。ところが人間は完全ではない。悲しいことに「必ず」ミスをする。

私たちが経験する仕事のほとんどは「あ~ごめんなさい」で済むミスだと思うけど、時には決して許されないミスもある。そして、ミスが決して許されない仕事を果たしている人たちがいる。

医師のミスを減らす

その代表格が「医師」だ。 私は多少、医者や医療関係者との接点がある仕事をしているのだけれど、彼らが求められる仕事量は尋常ではない。朝も昼も無く、患者を見続けたり、一分一秒を争うスケジュールの中で手術を行ったり・・とても常人では務まらない。医師になるためには、頭脳もそうだけど、体力、集中力も常人の何十倍も無ければ務まらないと思えるほど。

彼らの仕事はミスが許されない(実際には生じるが、患者からは容赦されない)。医療訴訟は毎年増え続けている。はた目から見ていれば、医師にそれを求めるのは酷だろうなと思うような患者の要求でも、実際に自分が患者になってみると「間違えて薬を投与してしまった・・ごめんね」ですまないのはよく分かる。 医師の仕事にはミスが許されない(実際は生じるのだけれど)

ヒューマンエラー(人間のミス)をなんとか防ぐこと。複雑化していく医療現場で、それを防ぐために、チェックリストを導入したガワンデ博士のたどった道筋を、正確にたどることで・・・医療現場だけではなく、仕事にチェックリストがいかに有用かを痛いほどに気づかせてくれる。 複雑であり、決してミスが許されない仕事 ガワンデ博士がとったアプローチは興味深い。医療の現場ではなく、他業種で複雑であり決してミスが許されない仕事がどのようになされているのかを探っていく過程は興奮を誘う。

パイロット業界からの応用

航空業界(パイロット)建設業界投資業界そして医療への応用そのすべてが、興味深い。パイロットがミスをすることなど考えずに、私たちは安心して飛行機に乗っている。ビルが崩れ落ちるなんて思わずに、今日も安心してオフィスに通う。そこには何かがあるはずだ。何事にも理由がある。ミスがあるのにも理由があるし、ミスが無い(安全)にも理由がある。 それがチェックリストだ。

パイロットはチェックリストの使い方をたたきこまれる 事故が発生したときにパイロットが頼るのは、己の野生の勘や経験値ではなく、いつもチェックリストだ。そのように教育されているのだ。徹底して、人間の感覚より、チェックリストを活用するように叩き込まれている。余計な「感情」は不要だ。とにかく、手順を一個ずつ・・確認し実行していく。それが、一番確かな方法だから。

ハドソン川の奇跡・・は、機長がいかに素晴らしかったかということだけで評価されがちなのだけど、実はそこにチェックリストという素晴らしい道具があったことが紹介されている。もちろん、この奇跡的な救出劇に・・一人の人の英断、能力が寄与したことは間違いないのだけれど、チェックリスト・チームの力、それを作り出してきた航空業界の長年のチェックリストの精査と改善、この繰り返しがあったことを忘れないでいたい(ていうかはじめて知ったけど)

チェックリストは人間の可能性を引き出す

多くの人がチェックリストを使うことを嫌がる。正直にいえば、著者でさえ、自分にはチェックリストは不要だと思っていたという。各業界での目覚ましい成果を目にし、なおかつ、医療業界にチェックリストを持ち込んでおきながら(笑)。ところが、チェックリストによって致命的な事故になりかねない手術ミスを回避できたことを、著書の中で正直に告白している。

だれも完全ではない、だからこそ、感情のままにではなく・・。一度立ち止まってチェックリストを確認することが大切なのだ。改めて気付かされてしまったもんね。これはすごい気付きになった。

具体的なノウハウや方法は一切載っていないけれど、心を揺さぶるノンフィクションの力がここにあふれている。

PR

関連記事

刺さる言葉、経営者だもの

刺さる言葉、経営者だもの

経営者には、経営者の言葉が刺さります。サラリーマンにはサラリーマンの言葉です。同じ世代、同じような背

記事を読む

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

神の手を持つ外科医も一歩ずつコツコツと 外科医のお仕事には純粋に興味があります。 ほ

記事を読む

5728205142_2eb3a5d622_m

自分の仕事に誇りを持っているか、向き合っているか、正面から。

自分の仕事に本当に誇りを持っているか、時折、しっかり考えなければなりません。社会に認められないことを

記事を読む

(書評)減らす技術 The Power of LESS レオ・バボータ

頭がごちゃごちゃになった時に読むべき本「減らす技術 The Power of LESS」 レオ・バボータ

シンプルイズベスト 減らす技術 The Power of LESS 単行本(ソフトカバ

記事を読む

感動集客

感動集客

過去に、アフィリエイトを教わったことのある 松野さんが出版されるとの情報を 耳

記事を読む

football-1274661_960_720

毎日、仕事日記を書く効用は「目標」「目的」を見失わないこと

仕事日記をつけよう 毎日、大量のお仕事に押し流されているうちに、今、自分のいる場所を見失っ

記事を読む

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー/ジェイ・パパザン/門田美鈴

記事を読む

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ポジティブ思考を形にする「ほめ日記」

ブックオフでの立ち読みは、ストレスがたまってきた時の息抜きです。昔は10冊くらい購入してきていました

記事を読む

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるものです。Twitterを作り上

記事を読む

ジャーナリストに学ぶコンテンツ創出法(書評)「調べる技術・書く技術 」野村進

ジャーナリストに学ぶコンテンツ創出法「調べる技術・書く技術 」野村進

プロのジャーナリストに学ぶコンテンツの生み出し方 アフィリエイターにこの辺を学

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑