*

サイコサイバネティクス理論をビジネスに活用する(勝負脳の鍛え方)

公開日: : プロの仕事術, 書籍

なぜだか、最近は「脳科学」にはまってしまい、類書をせっせと読んでいるわけですが、刺激を受けて脳が活性化している感じもしないでもありません(汗)。心理学的、精神医学的な観点でのみ考えてきたことも、脳科学のフィルターを通すともっとよく理解できることに気づき始めました。

北京オリンピックの競泳チームにも随行した脳外科医の林 成之氏の本を今日はご紹介します。

<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

著者は、脳外科医で救急の現場で世界最高峰のチームを育て上げ、自身もプレーヤーとしての経験を誇る方です。バリバリ現場出身の方が、こんな柔らかな(?)ビジネスマン向け書籍を書くのは珍しいですよね。すぐに仕事に役立つ気づきをいくつか抜粋しました。

サイコサイバネティックス理論

著者は、サイコサイバネティックス理論を自分なりに応用して説明しています。

1. 目的と目標を明確にする。
2. 目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する。
3. 目的を達成するまでその実行を中止しない。

「目的」を持つのは大事ですが、いざ勝負に臨む時には「目標」に焦点をあてた方が実力を発揮できるそうです。たとえば、野球の例で言えば、「ノーヒットノーラン」を「目的」にすると、必要以上にピッチャーは気張ってしまいます。だからこそ、「目標」として「一人一人を確実に討ち取ること」。例えば、1番の選手は前のめりの姿勢でバッティングするので「内角高めにストレートを投げ込むこと」のように、「目標」を手の届くところまで細分化して、そこんとこだけ、考えて投げ込む。この姿勢がもっとも勝利に近いと言います。

イチローもヒット数の世界記録を作ろうという大目標の前に、毎回の打席で一本ずつヒットを打つ目標を持っていたそうです。

「目的」ではなく「目標」を追求する

「「勝つ」という目的ではなく、「勝ち方、あるいは勝つために求められる技や作戦」という目標に向かって全力を傾けることです。(P132)」

「2006年冬季オリンピックのフュギアスケートで金メダルを手にした荒川静香選手・・・「順位はまったく考えていませんでした。新しい採点法に対応するために、演技ごとに自分の欠点を明らかにして、一つ一つをいかに完璧にこなすか週中していました。一位になれたことにびっくりしました。(P111)」

「結果を意識するのではなく、それを達成するために必要な技、作戦に気持ちを集中させる。(P111)」

とくに、日本人の勝負の勝ち方は、これが鉄板なのだそうです。結果ではなく過程に注目すること。勝つという目的ではなく、それを細分化した、小さな目標を達成することに全力を傾けること。日本人が、メダルをとった時に、「気がついたら勝っていました」というのも、脳科学の分野から言えば、あながち謙遜だけでもないそうです。

仕事に適用すれば、「出世する」とか「給料をあげる」とか、自分が望む「目的」にあまりにも焦点を合わせすぎてはならないわけです。もちろん、「目的」がないと、迷宮入りしてしまう可能性もあるのですが、実際に仕事に取り組む時、それこそ一日ごとには、もっと身近なところに「目標」を定めなければならないわけです。

毎日、行う仕事をファイルに入れておくことで、その日、その日のうちに、なすべき仕事を終える。これは計画時に、ちゃんと「目的」にそって細かく「目標」を細分化しておく技術が必要ですが、それさえ、済んでいれば、たいへん合理的です。そのメニューを作るところに、コーチや監督などの第三者の知恵が必要になるのかもしれません。自分だとどうしても「目的」に前のめりになってしまう傾向がありますから。 私の場合、「目的」という大前提から少しでも外れていると思うと、動けなくなる、フリーズしてしまうことがありますので、ここらへん柔軟に「目標」を、こなしていく!くらいの感覚で取り組んでいきたいですね。

まとめ


<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

(なんで、この画像裏返っているの?)

私としては、バリバリの脳外科医が、スポーツについて語るという発想が面白く、スイスイ読みました。スポーツに限らずですが、何でも「脳」だな~という実感を深めています。「脳」を徹底的に理解すれば、スキルも上がるような錯覚に襲われていますが、おそらく、錯覚でしょう(涙)

引き続きお勉強に励みます!

PR

関連記事

haiburo

1日4000字のコンテンツで修行しよう「新・いますぐ本を書こう!」 ハイブロー武蔵

サイト作りは本を書くのとほとんど同じ いまさら作家になりたいわけではないのですが、

記事を読む

517-VAf98mL._AA180_

壮大にボッタクリにあう方法「アジア・イスラムのお金がなくても人生を楽しむ方法「ハビビな人々」」中山茂大

壮大にボッタクリの被害に遭い続ける旅人の考察 Street Vendors, Ecuador

記事を読む

5728205142_2eb3a5d622_m

自分の仕事に誇りを持っているか、向き合っているか、正面から。

自分の仕事に本当に誇りを持っているか、時折、しっかり考えなければなりません。社会に認められないことを

記事を読む

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

園善博さんといえば、フォトリーディングの有名講師だと思っていたら、いつの間にか、ご自分の独特な「速習

記事を読む

感動集客

感動集客

過去に、アフィリエイトを教わったことのある 松野さんが出版されるとの情報を 耳

記事を読む

刺さる言葉、経営者だもの

刺さる言葉、経営者だもの

経営者には、経営者の言葉が刺さります。サラリーマンにはサラリーマンの言葉です。同じ世代、同じような背

記事を読む

「夜、何も考えずインプット→朝アウトプット」のすごい効果(朝1時間勉強法)

「夜、何も考えずインプット→朝アウトプット」のすごい効果(朝1時間勉強法)

著者の山本さんは、税理士・気象予報士・中小企業診断士という難関資格を持っています。本書は、働きながら

記事を読む

経験値が高まるに連れ読書体験は深くなる(小飼 弾式速読法)

新書がベスト (ベスト新書) 本の実体は「リンク集」 本というのは、読めば読むほど、脳が刺激

記事を読む

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない、むしろ「究極の鍛錬」 ジョフ・コルヴァン

生まれつきの天才はいない すごい人を見た時に、いつも思う感情。この人と自分との違いって何だろう

記事を読む

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

神の手を持つ外科医も一歩ずつコツコツと 外科医のお仕事には純粋に興味があります。 ほ

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑