*

池上彰の分かりやすさの秘密「わかりやすく〈伝える〉技術 」

公開日: : プロの仕事術, 書籍

池上彰の分かりやすさの秘密


わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

池上彰さんは、週刊こどもニュースのお父さん役を11年されたそうです。私は、見ていなかったのですが、友人から「週刊こどもニュースってかなり面白いよ」というのは、ずっと聞いていました。大人なのに、子供向けの番組見てるんだ・・って思ってましたけど、その後、徐々に池上さんが有名になってきまして、ようやく友人の言っていることがわかりました。

子供に難解なニュースを解説できるわかりやすさの秘密、エッセンス、小ネタ、ノウハウをこの本からいくつかご紹介します(自分がやってみよ~と思い立ったもの限定)。

相手に「地図」を渡す

「私は、わかりやすい説明とは、相手に「地図」を渡すようなものだと考えています。説明のための「地図」。それを放送業界では「リード」と呼んでいます。・・・あらかじめ、「いまからこういう話をしますよ」と聞き手にリードを伝えることを、私は「話の地図を渡す」と呼んでいます。「きょうはここから出発して、ここまで行く」という地図を渡し、「そのルートをいまから説明します」という形をとることで、わかりやすい説明になります。(P18)」

放送の場合は、最後まで話せず(時間切れ)終わることがありますが、最初にリードをしっかり伝えておけば、肝心なことは伝えられるようです。これが報道のルールのようです。

接続詞を使わない短文のメリット

「接続詞はつけずに短い文をポンポンと並べたほうが、リズムもいいし、わかりやすくなる、ということにも気づきました。論理的に流れていれば、接続詞はいらないのです。逆にいえば、接続詞を多用している文章は、実は論理的ではない文を、接続詞で無理やりつないでいることが多いのではないでしょうか。・・・自分に対して、「接続詞をなるべく使わないように」という制約を課すことで、結果的に、論理的な文章を書けるようになりました(と思っているのですが)。(P62-63)」

~~~が、~~~が、「が」を使わないようにと忠告されたことがあったことを思い出しました。長文になればなるほど、意味をつかむのが難しくなります。短い文で小気味の良いリズムを作っていきたいですね。ウェブサイトの文章でも短文を目指してみます。

ポイントは3つに絞る

「すべてを三の単位で積み上げて考えてみましょう。大きな3つのテーマについて30分ずつ話す。その30分の大きなテーマを説明するために、それぞれ小見出しを3つたて、10分ずつ話していく。すべてを3つにわけて整理していくと、聞き手にもわかりやすくなりますし、話もしやすくなります。物事の分析ですと、過去、現在、将来という三段階の時間経過に分けることもできますし、現状、反省、改善点という提案の方法もあります。いずれも3つに分けると、ポイントが絞りやすいのです。不思議なものですね。(P154)」

これは、齊藤孝さんの本でも学びましたが、不思議と「3」でまとめると、理解しやすくなります。私も、書評の際には、3つ引用する箇所を決め、ブログでは3つ筋を決め、といたるところで、「3」を使ってました。

「週刊実話」か「習慣実は」

「実は・・・」という表現も、使われ始めた頃はなかなか効果的だったでしょうが、乱用は品位を落とします。「実は」というのが習慣になってしまっている。これを私は「週刊実話」ならぬ「習慣実は」と呼んでいます。ありきたりな表現は避けましょう。(P180)」

やってる、これ、実は(笑)。

「隠れマジックワード」を効果的に使う

「相手に自分が体験したことを面白く伝えたい、自分の気持ちをわかってほしい。そんなとき。まず「ねえ、ねえ、大変」という言葉から始まる文章を考えましょう。文章ができあがったら、冒頭の「ねえ、ねえ、大変」という言葉を削除してしまいます。そうすると、勢いのある説得力のある文章がつくれます。実際には隠れてしまうので「隠れマジックワード」なのです。(P182)」

プレゼンをする際には、本題の前に「どうしても報告したいことがあるのですが」というひと言をつけて、それを消してしまうと、伝えたいことを最初にズバッと言えるスリムなお話になるとか。隠れマジックワードという発想は新しかったです。

まとめ


わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

池上さんの「わかりやすさ」が、記者時代に鍛えられていたということを知りました。なんだかんだで、新聞社、テレビ局、大手マスメディアは情報を扱うプロです。学ぶところが多いです。新聞記者、ジャーナリストの本を何冊も読んでまして、そう思いましたけど。もちろん、ただ、その環境に身をおくだけではなく、相手の気持ちになって(情報を受ける側)考えぬいた池上さんの努力の賜物でもあります。

「とことん考えて詰めていくように努力することです。「自分はこれからこういうことを言いたい。もしひと言でいうと、どう言えるだろうか、要するにどういうことだろう」と考えぬくのです。(P189)」

わかりやすい話とは、結局のところ、受け手のことをどれだけ考える力があるのか?ということです。想像力とか、思いやりとかも関係してくるのかもしれませんね。わかりやすい話をする人に気持ち、引きつけられるのもそういう理由なのかも。

PR

関連記事

感動集客

感動集客

過去に、アフィリエイトを教わったことのある 松野さんが出版されるとの情報を 耳

記事を読む

吉越浩一郎に学ぶ「ライフ」>「ワーク」バランス(デッドライン仕事術)

吉越浩一郎に学ぶ「ライフ」>「ワーク」バランス(デッドライン仕事術)

私の中で、吉越さんは、すごいデキる人、でも怖い人です。 もし、こういう社長だったら、萎

記事を読む

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

パラパラ読みでぐっと読みやすくなる「本がどんどん読める本 記憶が脳に定着する速習法!」 園 善博

園善博さんといえば、フォトリーディングの有名講師だと思っていたら、いつの間にか、ご自分の独特な「速習

記事を読む

アイデアを無限に生み出す私の方法と試してみた「ゼロ秒思考」頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング赤羽 雄二

アイデアを無限に生み出す私の方法と試してみた「ゼロ秒思考」頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング赤羽 雄二

アイデアをひたすら生み出すことに、コンテンツメーカーとしての生産性はかかっています。自分工場みたいな

記事を読む

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

真のプロの仕事は基本的な作業の「精度」を高めていくこと(心臓外科医の仕事術に学ぶ)

神の手を持つ外科医も一歩ずつコツコツと 外科医のお仕事には純粋に興味があります。 ほ

記事を読む

517-VAf98mL._AA180_

壮大にボッタクリにあう方法「アジア・イスラムのお金がなくても人生を楽しむ方法「ハビビな人々」」中山茂大

壮大にボッタクリの被害に遭い続ける旅人の考察 Street Vendors, Ecuador

記事を読む

abiru

(書評)マンガでわかるアフィリエイト あびるやすみつ(著)を読んでみたぞ。

アフィリエイトは知らないわけじゃないけど 私個人としては2006年くらいから、アフィリ

記事を読む

次世代のメディア!インターネットの次に来るのは「本」?(指南役)

次世代のメディア!インターネットの次に来るのは「本」?(指南役)

実は、紙媒体の本って優れていますよね。最近は、夜は電子機器に触れないようにしているので、再び紙媒体を

記事を読む

「時間が無い」は恥ずかしい言葉!侮れない1日15分仕事術の効用

「時間が無い」は恥ずかしい言葉!侮れない1日15分仕事術の効用

これでも「時間がない」と言いますか? できるやつはそういうこと言わないことはわかっているのですが、

記事を読む

51hsCuhpgLL._SX344_CR0,0,344,420_

まとめブログの価値とは?「はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ」

まとめブロガーは辛いよ はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑