*

書評をきっかけに始めるアフィリエイト「ショヒョリエイト」

公開日: : ショヒョリエイト

また、すごいことを考えてしまったのです。

私は、なんだかんだ、アフィリエイト歴が長く、経験もそれなりにあるのですが(サイトアフィリエイトの猛者たちに比べると実績は無いに等しいですが)、アフィリエイトで一番の悩みは、どうも「記事が書けない」ということにあるようです。もちろん、外注をフルに活用する経営者タイプのアフィリエイターが多いこともよく知ってますが。一般的に、まずは、初心者が「よっしゃアフィリエイトでもやってみるか」と思った時に、行き詰まってしまうのは、「書けない」悩みでしょう。

アフィリエイトのための記事と思うと「書けない」

アフィリエイトの場合は、広告(案件)から逆算して記事を書かなければなりません。一生懸命記事を書いても、誰も関心の無いこと(自分しか関心の無いこと)「ペットのポチの闘病記」なんていくら書いても、収益に結びつく導線がなかなか引けません。だからこそ、案件をちゃんと探して、それに合わせた、またはそこに誘導するための記事を書かねばならないのがアフィリエイトです。そうなると、一文字も書けなくなってしまう人は少なくありません。私のもとに相談が来ることがありますが、多い悩みは、「日記や自分の好きなことだといくらでも書けるのに、アフィリエイトで広告に合わせた記事となると全然書けなくなってしまう・・・」こういう悩みです。

「書けない人」のためのウレラキアフィリエイトだったが・・・

そんな悩みを解決するために作った教材がウレラキアフィリエイトでした。これは、わたしの悩みでもありましたから、私がどのように「今、自分が実践中」のこと(なんでもOK)を実践記として書きながら、キャッシュポイントを作っていったのかを説明したものです。が、しかし・・・これでも、なかなか「書けない」という人がいました。私の感覚では、自分が熱中していて、今実践していることなら、ネタが出てこないはずがない!そう思ったのですが、それはあくまでも、「熱中しているもの」がある人です。

私は常に3~4個「熱中しているもの」があるタイプなので、無関心・無趣味の人というのが、よく理解できないのですが、意外に「熱中しているもの」が無いという人が多いことに気づきました。そうなると、ウレラキのノウハウではどうもカバーできないのです。燃料が無ければ、火が燃えないのと同じように、ネタが無ければサイトも更新できません。考えてみると、多少ウレラキには力技の側面がありました。

「書けない人」が「書けるようになる」ためのきっかけ

どうしたら、記事をすんなり書けるようになるのだろうか?実は、陰ながら私も悩み続けました。その結果として、気がついたのが「書評」の存在です。「書評」だとすんなり書けるようになる。これがわかりました。そのきっかけになったのが、齊藤孝氏のこの本です。これは素晴らしい本ですので、ぜひ購入してください。

1円ですから。

書評ブログでトレーニング「原稿用紙10枚を書く力」 齋藤 孝

書評ですと、いくらでも更新できます。方法論とテンプレートさえあれば。文字をとにかく書くというトレーニングを重ねることがまずは大事だと思ったのです。実験的に、書評ブログを作って自ら運営することにしました。自分が、やっていないことは、お分かちできませんから。そうすると、これがまた、意外なくらい「書評」は検索キーワードがたくさんあり、ロングテールですが、様々な訪問者が訪れるブログを作れることを理解しました。何にせよ、アクセスが無いと務まらないのが、ブログ・サイトアフィリエイトです。また、アクセスさえあれば何でもできます。「書評」で、いわば薄いアクセスだとはいえ、訪れる人がいるのは間違いないことがわかりました。

そこで、本題です。

「書評」とアフィリエイトを組み合わせた「ショヒョリエイト」

しかし、一般的には、「書評」はアドセンス・Amazonくらいしかキャッシュポイントが置けないことでよく知られています。普通に「書評」をやっても月にいくらも稼げません。じゃあ、ここで、書評+ASPアフィリエイトの観点を取り込んだらどうなるんか?というのが、これから考えていく「ショヒョリエイト」のお話です。「書評」ブログそのものはキャッシュポイントにはしません、あくまで、「書評」をきっかけに。ということです。使うのは、無料ブログ、もしくはワードプレス。そして、HTMLサイト(シリウス)などです。ASPは好きなところを使えばOKです。私ならA8とアフィリエイトBなどです。あまり気が進みませんが、たまにインフォトップも使います(笑)

さて、具体的ではないので、何を言っているのかわからないと思います(私もわかりません・・涙)しかし、これは数年に一度のひらめきとワクワクです。うまくいくのではないかという、そんな予感がします。

「ショヒョリエイト」というお名前がですね、あまりにも力が抜けてしまうというのは、私も理解してます。ただ、刺激的な文言で、アフィリエイトへ誘導する強引な輩が多いので、このくらいのほうが私らしいのではないかと思っています。今後「ショヒョリエイト」、私が実践した方法をもらさず公開していこうと思っています。

とはいっても、私はコンテンツ販売屋ですから、うまくいったらすぐに有料化して売っちゃうかもしれませんが、いずれにしても、お求めやすいところに私はいますので、面白いノウハウをどうぞ手に入れる気持ちで眺めていてくださいませ。

ショヒョリエイトだけに、すぐにヒヨってしまうかもしれませんが、その際はあしからず。

PR

関連記事

toilet_boy

トイレ読書のススメ(トイレは小さいが偉大な書斎)

私は、生活の大半が「読書」です。ほぼ、面白みの無い人生に思えるかもしれませんが、とても楽しいです。そ

記事を読む

2165664086_2b104b2059_m

本を読み、サイトを作る生活、至高の贅沢。

私の場合は、幼児期からずっと本に囲まれていました。一人っ子ですから、本以外には相手をしてくれる対象が

記事を読む

「引用」から始まる「自分の考え」というもの。

「引用」から始まる「自分の考え」というもの。

書評をきっかけに始める、ショヒョリエイトという取り組み、非常に効果的に進めています。今の私の収入の大

記事を読む

PR

PR

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

→もっと見る



  • WEBライターのヨシ・ノリハラです。日々コンテンツを作ったり、本を読んだりしています。

(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)
(書評)ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果 ゲアリー・ケラー (著), ジェイ・パパザン (著), 門田 美鈴 (翻訳)

送料無料/ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果/ゲアリー・ケラー

2016-07-11 16-36-58
(書評)アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】 アトゥール ガワンデ (著), 吉田 竜 (翻訳)

ミスをしたくないならチェックリストを使おう 素晴らしい本

2016-07-11 17-05-32
ブログ引っ越しのお知らせ

このブログは現在更新しておりません。引っ越し先は下記のブログに

【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン
【書評】ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」 ビズ・ストーン

暴露話も、成功本も、どの視点から語るかでだいぶ印象がことなるも

お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。
お墓に入りたくない!散骨という選択肢。変わる価値観。

自分の死後、骨をどうしようか、ってのは確かに考えます。そんな中、ひとつ

2016-06-29 18-09-16
葬式不要論への反論「葬式は必要!」を読みました

葬式は要らない!への反論 終活本は、時々、読みます。死につい

PAGE TOP ↑